des

日本に復帰前の1960年代初めの沖縄で、稲作に深刻な打撃を 与える生物兵器の研究開発のため、米軍が屋外実験を繰り返していたことが11日、分かった。稲に大きな被害をもたらす「いもち病菌」を水田に散布し、デー タを集めていた。共同通信が米軍の報告書を米国の情報公開制度で入手した。

 米国本土や台湾でも実験しており、沖縄が米軍の生物兵器の研究開発戦略に組み込まれていた実態が浮かび上がった。中国や東南アジアを念頭に開発を進めていたとみられる。その後米国は69年、人に被害を与える病原体を含め、保有する生物兵器の廃棄を決めた。(共同通信)

海外の反応をまとめました。




・ エドワード・スノーデンがこういった秘密を明らかにすることを非難することは出来ないようだな。


・もし大胆にも中国に対してこれを行ったら、中国は仕返しするだろう。
そうしたらどうなる?
中国への侵略は避けられないだろう。


・こういった事実がアメリカは野蛮だということを示している。


・アメリカは諸悪の根源で、テロの温床だ。
イスラヘルは、パレスチナ人を拷問して急進化させる米軍基地だ。
アメリカとイスラエルは、第3世界で無実の人々に対して生物・化学兵器の実験を行っている。


・アメリカは地球上で最も邪悪だ。
俺はイスラエルもアメリカに含める。


・↑自分と異なる考え方をするには知性が必要だからな。
己の気の利いた寸評にこだわり続けてくれ。


・また世界の警察か。


・それを使う時が来た。


・アメリカはメディアの手助けで天使のように振る舞っている悪だ。


・アメリカが生物・化学・核兵器を含めた大量破壊兵器のレースを始めた。






・多くの国々が、当時は同じことを行っていた。
重要なのはアメリカは後に生物兵器の開発を止めて、備蓄を廃棄したことだ。
世界には、疑問の余地のある物をオープンにしない国もある。
アメリカ人が沖縄にいることを嫌う人がいて残念に思うよ。
フィリピンには、台風後に近所に米軍の海兵・航空兵・オプスレイがいたお陰で、生き延びた人がたくさんいる。


・↑アメリカは大量の核兵器を保有している。
それらは虐殺するための武器だ。
とても簡素な事実だ。
もし生物兵器が、核兵器ほど大量破壊兵器として効果的でなかったら、
禁止になっているはずがない。


・米を破壊する為に生物兵器を開発する邪悪な政権なんてあるか?


・酷いことではあるが、違った考え方をする人たちがいることを忘れてはいけない。
ずいぶん前に行われたことだし、たとえ正しいことではなくても、我々とは異なる人々が行ったことだ。
憎しみを捨てて、今生きている人たちは過去に存在していたわけではいことを思い出そう。
俺達とは違う人々がやったことで、お互いを憎しみ続けることは出来ない。


・彼らは1965年に船の上に載せていた水素爆弾B-43を紛失している。
沖縄の海の底に沈んでいる。

タイコンデロガ (USS Ticonderoga, CV/CVA/CVS-14) は、アメリカ海軍のエセックス級航空母艦。
1965年12月5日、同年11月からのベトナム沖での任務を終えて横須賀へ帰還する途中、北緯27度35分2秒・東経131度19分3秒(喜界島の南東約150キロ)で水素爆弾(B43・核出力1メガトン)1発を装着したA-4Eがエレベーターから海中に転落する事故が発生した。機体は乗員(ウェブスター大尉)ともに水没した。核攻撃アラートに就くために飛行甲板にあげる途中であった。現場の水深は約5,000メートルあり回収は不可能であるとされている。事故は1981年の国防総省の報告書で明らかにされたが、詳しい場所については1989年に明らかにされた。周辺海域の調査によれば放射能汚染は認められていない。(ウィキペディア)




・少なくともアメリカ政府は白状したじゃないか。
1975年の生物兵器禁止の前の出来事で、今とは違う世代が行ったことだ。
将来の紛争でこれが使われたら、酷いことになるね。
指導者や軍の要職に就いている者たちではなく、多くの一般市民を傷つけることになる。


・アメリカは1950年にサンフランススコで自国民に対してこれを行っている。
セラチア菌と呼ばれるバクテリアを使い、11人が重病になり、1名が死亡した。
Seaspray作戦だ。


・アメリカ政府がいつもウソをついて、信頼に値しないことの証明だよ。
沖縄から俺達の軍隊を引きあげる時だ。
海軍は派遣されている軍にすぎない。
戦争の抑止力にはならない。

http://goo.gl/DVLRdt http://goo.gl/HDzjER http://goo.gl/wNS0gy http://goo.gl/rZyxSg http://goo.gl/eDR03m

follow us in feedly