sddff
政府は20日午前、産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)を首相官邸で開いた。6月にも予定する成長戦略の改定に向けた検討方針を議論する。医療・介護分野の規制緩和でこれらの分野を「成長エンジン」に育てることが柱になる。外国人労働者の受け入れ拡大も検討する。

 検討方針には医療法人と社会福祉法人を一体で運営できるようにする「非営利ホールディングカンパニー型法人制度(仮称)」の創設を盛り込んだ。一般企業の持ち株会社のように複数の医療法人と社会福祉法人を統括する仕組みで効率化につなげる狙い。

  少子高齢化の進行に伴う労働力人口の減少を踏まえ、外国人労働者の受け入れ拡大や女性のさらなる活躍に向けた施策も議論する。外国人の受け入れでは技能実 習制度については実習期間の延長や対象職種を介護などに拡大することを検討する。「女性の活躍が進んだ企業や女性が経営する企業」への補助金の支給も検討 する。法人実効税率は引き下げに向けて、法人税を納める企業を増やす課税ベース拡大などを議論する。

 会議では現行の成長戦略の実行計画を確認する。戦略の実施時期や担当閣僚を明確にし、成長戦略の確実な実現につなげる考え。
(日経新聞)
海外の反応をまとめました。




・他の多くの事同様に、机上では良く見えるが、現実は全く違う。


・全部悪いのは日本だと、責めるが良い。
でもある程度の日本語のレベルに達していないのは、日本のせいではない。


・介護士や建築業者が高い技術を持った労働者なのか?


・「技術を持った」労働者とは一体何なんだ?
医者レベルの人たちのことか?
それとも工業の学位を持った人でもOKなのか?


・でも日本語は流暢に話せないといけないんだろ?


・外国人労働者に与える仕事の安定性次第だよ。
もし期間雇用だったら、どうして技術を持った外国人がリスクを冒すんだい?


・誰か私を雇って。
基本的な日本語なら話せるわ。


・ぜひ頼むよ!
これについての情報がもっと欲しいね!


・やっとか。


・もっと外国人労働者に対してドアを開ける?
そもそも一体、いつドアが開いたんだ?


・日本が使う「技術を持った労働者」というのは、カナダや他の国々が使う「技術を持った労働者」と同じことだと推測する。
つまり、日本人にはあまりいない技術を持った人々ということだ。
日本企業は、外国人を雇う前に、まずは日本人を探すということだろう。






・多様性というのは、産業の革新に必要なことだ。
女性・年配者・外国人労働者の利用は、意義深い。


・素晴らしい。
ビザを申請しようと思う。


・(笑)女性や外国人労働は、新入社員レベルでは日本では働けないよ。
でもいつか自分の会社を持つことになる。(個人的な経験)
どんなに新しい文書が出てこようと、現実はそうなんだよ。


・正直な話、どうして技術を持った労働者が日本に来たいと思うんだ?


・日本に自動車会社でエンジニアとして9年働いたよ。
欧州の方がずっと進んでいて、人種統合に対してオープンだ。





・中間管理職が何も言わなければね。


・どんな種類の専門性が必要なの?
どうやったら資格を与えられるの?


・日本政府が、外国人の専門家に対して労働・移民ビザを発給しない限りは、ただのリップサービスだよ。

http://goo.gl/NooaaX http://goo.gl/rZyxSg

follow us in feedly