usdsd
米国を中心とする海外の有識者や文化人ら二十九人が七日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古に移設する計画に反対する声明を発表し た。ベトナム戦争をテーマとした映画「プラトーン」などで米アカデミー賞を受賞したオリバー・ストーン監督らが名を連ね「沖縄県内の新基地建設に反対し、 平和と尊厳、人権と環境保護のために闘う沖縄の人々を支持する」と表明。普天間飛行場を即時・無条件で沖縄に返還すべきだと訴えた。 声明 には、ストーン氏のほか、北アイルランド紛争の解決に尽力したノーベル平和賞受賞者のマイレッド・マグワイア氏、言語哲学者ノーム・チョムスキー氏、ピュ リツァー賞を受賞した知日派の歴史学者ジョン・ダワー氏、映画監督マイケル・ムーア氏ら世界的な著名人や識者が名を連ねた。(東京新聞)

海外の反応をまとめました。




声明では、普天間の辺野古移設について「人間と環境を犠牲にして沖縄の軍事植民地状態を深化し、拡大させる」と批判。米軍が沖縄戦の最中に住民の土 地を奪って普天間飛行場をつくった経緯に触れ「終戦後、(沖縄に)返還されるべきだった。返還に条件がつくことは本来的に許されない」と述べた。

 県外移設を公約して再選された沖縄県の仲井真弘多知事が昨年末、辺野古の埋め立てを承認したことは「沖縄県民に対する裏切りだ」と非難した。安倍晋三首相が「経済振興をエサ」に仲井真氏から埋め立て承認を引き出したと述べた。

 さらに、米兵による犯罪や米軍機の騒音、環境汚染によって「戦後ずっと、沖縄の人々は米国の独立宣言が糾弾する『権力の乱用や強奪』に苦しめられ続けている」と指摘。普天間の辺野古移設は「沖縄の人々の苦しみを恒久化させることにもつながる」と非難した。

(東京新聞)


写真


ピーター・カズニック
「南シナ海の独断的な主権の主張や日本が管理している領土上空に防空識別圏を設定したり、最近の中国の行動は危機的とはいえ、アメリカの方針が中国のナショナリストたちをより攻撃的にしている。」

↑何?俺たちのせいか!そうだよ、悪いのは全部俺たちだ。
沖縄やアジアから引き揚げようぜ。
中国は平和を愛する国だからな。
台湾やチベットの奴らに聞いて見るといい。
みんな同意するよ。


・有名人はこの問題と何の関係もないだろ。
うるさいよ。
彼らは軍隊の存在すら否定するのか?


・↑マイケル・ムーアにオリバー・ストーン。
君は自分の質問の答えを知っているだろう。


・いつから名護は静かな町になったんだ?


・ああいった基地や軍施設は、急激な展開を見せるアジアにおいて、アメリカや同盟国にとって戦術的にも経済的にも重要だ。


・ マイケル・ムーアは、ラードが誘発した心臓発作で死んだんじゃなかったのか?


・尖閣に新しい基地を建設すれば、2つの問題が一気に解決するぞ。






・問題なのは、日本政府や多くの日本人は米軍に居てほしいと思っていることだろう。
でも日本本土には、受け入れたくない。
だから、基地の大部分を小さな島に置いている。
抗議する人たちには、全部アメリカの覇権が問題だという間違ったメッセージを伝えるんじゃなくて、この点をしっかり理解してもらいたい。


・↑日本政府はいてほしいと思っているが、ほとんどの日本人は無関心か、いてほしいと思っていないよ。


・記事「普天間は混雑してる中心部に近いことから、不満の原因になっていた。」
↑どちらが先に建てられたんだ?
基地か?中心部か?
おっと、ここに1945年に撮影された航空写真があったぞ。
20100505-futenma-1945.jpg


・沖縄は200年以上前に、日本に占領されたと誰かが言えば良いのに。
沖縄は独自の文化と言葉を持つ琉球王国だったのに。





・沖縄の経済は、米軍基地があることから得られる日本政府からの経済的な援助がないと厳しいだろう。
しかしながら、尖閣問題に対する最近のアメリカ政府の姿勢を見ると、沖縄に米軍基地があることが手助けになるのかと日本政府や日本人は疑問に思い始めている。


・沖縄の人々や沖縄の米軍基地に反対する人々を支持する。
米軍基地は、沖縄市民の安全にとって脅威だと確信している。
米軍基地は、国に帰れ。


・俺は計画に反対だったら、オリバー・ストーンやマイケル・ムーアといった間違った案内役たちと同じ側に立っていることに気付いた。
計画を支持しようと思う。
http://goo.gl/ZpXdGv http://goo.gl/lYqzy3 http://goo.gl/wJbtYd http://goo.gl/OC5jqK

follow us in feedly