sfdff
写真の少年は4歳で111cm、61kgだそうです。
2013年1月2日、環球時報(電子版)によると、中国では経済成長に伴う生活レベルの向上で、肥満が新たな社会問題になりつつある。成人肥満率は02年 の25%から10年には38.5%に急上昇。世界保健機関(WTO)は「15年には中国人の50~57%が太りすぎになる」と予測している。
中国では1959~61年、飢きんにより数千万人が餓死した。しかし、その後の飛躍的な経済成長で食生活も変化。ファストフード世界チェーンのマクドナル ドは中国の主な都市のほぼすべてに進出し、ケンタッキーフライドチキン(KFC)は3700店舗まで急増した。中国衛生省は、学校での食習慣改善、健康促 進教育に力を入れているが、豊かさと肥満は切っても切れない関係だ。
(レコードチャイナ)

海外の反応をまとめました。





・この子の両親がこれほど巨大になることを知らないなんてありえない。
こんなに小さい子供が自分の意志で自分の食習慣を決定できるわけないよな。


・アメリカ人は、太っていることをマクドナルドのせいにするのが好きだけど、これはアメリカじゃないんだ。
中国にもマクドナルドはあるってことね。


・中国でマクドナルドの店舗は増え続けている。
ハンバーガーとハッピーミールの需要を満たすためにね。


・この子を褒めてやれよ。
少なくともサッカーをしている。
アメリカの子供はこんなこと出来ない。


・サッカーをしているにも関わらず、手に飴を持っているのが面白いね。
たぶん問題は俺たちが信じていることよりも、簡単なんじゃないかな。


・おい、この子の親。
まずはこの子の手から飴を取り上げろよ。


・肥満の問題に関しては、アメリカが今でも一番だ。
他の国々でも肥満が急速に問題になっているが、それはアメリカのファーストフードチェーンが広がったからだ。
メディアがどれほどこの問題を描写しようとしても、中国がアメリカほどの肥満率に到達することはない。
これはアメリカの風土病だ。


・2000年当時に中国に住んでいたけれど、数キロ以上の体重オーバーをしている人を見たことがなかったよ。


・どうして俺たちは中国を見ているんだ。
俺たちの国こそ肥満発祥の地だぞ。


・口の中に入れているキャンディーがヒントだと思う。


・この子は30歳の誕生日を迎える前に死んでしまうと思う。
誰かが助けてあげないと。
幸運を祈るよ。






・悲しいけれど、アメリカでは普通だよ。


・一人っ子政策の犠牲者。


・パソコンとジャンクフードが子供たちから健康を奪っている。


・よせよ、この子はそんなに太っていないじゃないか。


・アメリカ人が中国に肥満問題に関心があるのか?
面白いね。


・この子はアメリカの子供たちみたいだよ。
裕福なせいで肥満化している。


・中国人はアメリカ人がそうなったように、裕福になって肥満になっている。




China's obesity pandemic
写真の男性は30才で身長158cm,239kg


・アメリカでこれを目にすることはない。
俺たちにはスクーターがある。


・もし彼が歩くことが出来ないのなら、誰が彼に食事を与えているんだ?


・旅とはこうやってするものだ。
彼のことをチェックしている女性たちを見てみろ。
彼は輝いているよ。


・後ろに写っている女性たちのことが好きだ。


・ウォルマートにいる人たちを連想させるね。
http://goo.gl/a4Wc92

follow us in feedly