ssdd

海外の反応をまとめました。





・(スレ主)祖父は第307連隊第77師団E中隊に所属していた。
1942~45年にかけて太平洋戦争に従軍した。
彼は数年前に亡くなって、俺達はこれを見つけた。
皆さん手助けを感謝します。


・一番上の「久長運武」は、右から左に読む。
「武運長久」は、戦いの中で命運が長く続くことを意味している。
祈りの旗だ。
家族や友人が寄せ書きしたのだと思う。


・こういう旗は日本兵が持ち歩いていた物だ。
住んでいる村の人たちが、自分たちの名前を旗に書く。
幸運を祈るためだ。


・頼むから、兵士の家族に返すことを考えてくれ。
偉人に値する行為だと思う。


・日本兵の子孫に返すことを考えているのだろう。
以前、日本兵の家族の行方を追うアメリカの家族を特集したPBSの番組を見た。
彼らは旗を日本人の家族に返すことが出来た。
とても感動的で、意味のあることだったよ。
日本政府にとっては大きな問題だ。
もし本当に返したいなら、そこから始めよう。


・祖父が旗を奪った兵士は死んだのか?


・↑(スレ主)分からない。だが恐らくそうだ。


・↑それでは、運が尽きてしまったということか。






・詳しく話を聞かせてくれないか?
とても興味がある。


・↑(スレ主)祖父の名前は、Ira Vondaだ。
彼は兵長で、1944年にブロンズスター勲章を貰った。
私は中学2年生に社会を教えている。
授業に持っていくことを考えている。
彼は他に、侍の刀・日本のライフル・財布・硬貨などを持ち帰った。
この旗には銃弾で空いたような穴と血が付いている。
私の生徒達は、これを見ることに興味を持つと思う。



俺の妻は日本人だ。
書いている文字を見る限り、兵士が持っていたお守りだろうと言っている。
彼女に全て訳してもらいたいか教えてくれ。


・(スレ主)これは倒れた兵士の物だと信じている。
家族に返すことが出来たら、良いことだと思う。
少しでも訳してもらえると助かる。



・↑妻の訳と注意書き。
兵士の名前は、
長谷川浩だ。
一番上には、「幸運がずっと続きますように」といった意味合いのことが書いてある。
逆さまにすると、日の丸の横に「君ハ皇軍ノ神兵ナリ」と書いてある。
彼の小隊にそのようなニックネームがついていたのだろうか?
浩は、そこに所属していたに違いない。
右側には、長谷川浩君入営おめでとう?と書いてある。
もし旗の右下の部分の写真を写してくれれば、上に書いてある文章をもっと訳すことが出来るかもしれない。
海軍の大佐が署名しているようだ。
もしくは浩自身が大佐なのかもしれない。
名前を見る為には、もっと良い写真が必要だ。
旗の上には日本語がたくさん書かれている。
すべて日本の名前で、長谷川浩のために署名されている。
もし時間をくれれば、すべて日本語で書きだすよ。


・↑(スレ主)奥さんに感謝を伝えて下さい。
帰宅したら、写真をもっとプライベートメッセージで送ります。






・どこかにそういう旗を返却することを手助けする団体があるはずだ。
君が旗を返却したいのか、したくないのかは知らないが、日本大使館とコンタクトを取って見るといい。
たぶん助けてくれると思う。


・在シカゴ日本領事館が旗の手助けを行っている。
彼らと連絡を取ってくれ。

http://goo.gl/u80Fc9 http://goo.gl/14tFek

follow us in feedly