errrr

ホワイトデーは、一般的にバレンタインデーにチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日。日付は3月14日。この習慣は日本で生まれ、中国・台湾・韓国など一部の東アジアでも定着している、欧米ではこういった習慣は見られない。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。





・日本の友達にこれを教えて貰った時、ショックを受けた。
同じ日にプレゼントを交換した方が良いと思う。


・↑ああ、でも男性にとってはこちらの方が恥ずかしくない。
女の子に何も上げる必要はないし、女の子にじっと見つめられて「これって義理チョコだよね?」って言われることもない。


・俺はこのことをずいぶん前から知っていた。
ロマンティックコメディーのアニメからこういうことは学ぶことが出来る。


・↑つまり俺は十分にアニメを見ていないということか。


・牧場物語シリーズの1つにこの祝日があるぞ。


・韓国でも同じ。


・ルームメイトが日本人だった。
私が、「アメリカ人はバレンタインに男性もプレゼントを贈る」と言ったら、彼女は冗談だと思っていた。


・↑それは面白いな。
日本でそのようになったのは、西洋の祭日を紹介した時に翻訳ミスをしたことが原因だ。


・そうなると、2度嫌な思いをすることになるね。
チョコは貰えないし、ホワイトデーにお返しする相手もいない。


・俺はペルソナ4でこれを知った。


・↑菜々子のチョコレートの描写で気持ち悪くなった。







・日本、韓国、中国、台湾も同じだと書いてある。


・日本だけじゃない。
ほとんどのアジア太平洋の国々は同じだ。
韓国にいた時に、2度経験した。
女性が男性をデートに誘う為にチョコを渡して、男性は了承する時だけチョコをお返しする。


・↑デートを確定するのに1カ月もかけるのか。
残酷なのか、アジアの男性と女性に風格あるのか判断しかねるな。


・それと韓国には、さらに1か月後に何も貰えなかった人たちの為のブラックデートいうのがある。
黒い服に身を包んで、チャジャンミョンや他の黒い食べ物を食べる。


・アメリカにも以前はホワイトデーがあったと思う。
日本とは違うものだったけれど、アメリカ合衆国憲法修正第14条によって無効になった。


・↑
アメリカ合衆国憲法修正第13条だろ、愚か者。
アメリカ合衆国憲法修正第13条(アメリカがっしゅうこくけんぽうしゅうせいだい13じょう、英:Thirteenth Amendment to the United States Constitution)は、公式に奴隷制を廃止し、奴隷制の禁止を継続すること、および制限のある例外(犯罪を犯した者)付きで、自発的ではない隷属を禁じたアメリカ合衆国憲法の修正条項の一つである。(ウィキペディア)

・ホワイトデーはレイシストな感じがするな。


・アメリカでは毎日がホワイトデーだ。


・俺も高校でこれをやった。
クッキーを焼いた。
注意書き:日本でなくフロリダで。





・日本に住んでいたが、女の子たちからたくさんチョコを貰った。
とても甘かった。
恋しいね。


・日本って何でもクールだよな。


・俺はバレンタインにチョコを貰った。
でも俺がお返しをしなかった時、気まずかったよ。


・アメリカにこれがやって来るとは思えないな。
http://goo.gl/2uhWJ3

follow us in feedly