aaad

金栗 四三かなぐり しそう、1891年(明治24年)8月20日 - 1983年(昭和58年)11月13日)は、日本のマラソン選手、師範学校教師、熊本県初代教育委員長である。箱根駅伝の開催に尽力し、日本に高地トレーニングを導入するなど日本マラソン界の発展に大きく寄与し、日本における「マラソンの父」と称される。熊本県玉名郡春富村(現・和水町)出身。玉名市名誉市民。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



旧制玉名中学を卒業後、1910年(明治43年)、東京高等師範学校(現・筑波大学)に入学。

1911年(明治44年)、翌年に開催されるストックホルムオリンピックに向けたマラソンの予選会に出場し、マラソン足袋で当時の世界記録(当時の距離は25マイル=40.225キロ)を27分も縮める大記録(2時間32分45秒)を出し、短距離の三島弥彦と共に日本人初のオリンピック選手となる。


翌1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックでは、レース途中で日射病で意識を失って倒れ、近くの農家で介抱される。その農家で目を覚ましたのは、既に競技も終わった翌日の朝であった。

当時、日本からスウェーデンへは20日もかけて船と列車でかかり、さらにスウェーデンは緯度が高く開催期間はほぼ白夜で あったため、睡眠にも支障があった。食事面では、当時のスウェーデンに米はなかった。その上マラソンの当日は、四三を迎えに来るはずの車が来ず、競技場ま で走らなければいけなかった。また40℃という記録的な暑さで、参加者68名中およそ半分が途中棄権し、ポルトガル代表のフランシスコ・ラザロは倒れた上、翌日亡くなった。マラソン中に消えた日本人の話は、地元で開催されたオリンピックの話題の一つとしてスウェーデンではしばらく語り草となっていた。また、マラソンを途中で止めた理由として、四三が単にソーレンツナ(Sollentuna)のある家庭で庭でのお茶とお菓子に誘われ、それをご馳走になってそのままマラソンを中断したという解釈も示された。


ランナーとして最も脂ののった時期であり、メダルが期待された4年後のベルリンオリンピック(1916年(大正5年))は、第一次世界大戦の勃発で開催中止となり、出場を果たすことができなかった。その後、1920年(大正9年)のアントワープオリンピック、1924年(大正13年)のパリオリンピックでもマラソン代表として出場した。成績は、アントワープで16位、パリでは途中棄権に終わっている。

1920年(大正9年)、第1回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が開催される。四三はこの大会開催のために尽力している。


1967年(昭和42年)3月、スウェーデンの オリンピック委員会から、ストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待される。ストックホルムオリンピックでは棄権の意思がオリンピック 委員会に伝わっておらず、「競技中に失踪し行方不明」として扱われていた。記念式典の開催に当たって当時の記録を調べていたオリンピック委員会がこれに気 付き、四三を記念式典でゴールさせることにしたのである。招待を受けた金栗はストックホルムへ赴き、競技場をゆっくりと走って、場内に用意されたゴール テープを切った。この時、「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリン ピック大会の全日程を終了します」とアナウンスされた。54年8か月6日5時間32分20秒3という記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている。四三はゴール後のスピーチで「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントした(ウィキペディア)




・1000分の1秒までタイムを計測していてくれて良かった。


・↑特に「年」と「月」の後にね。
どちらも正確な計測時間ではない。


・↑一年は356.25日の繰り返しで、一か月は30.4166日の繰り返しだということを皆が知っているだろ。


・どうやってタイムを計測したんだ?
ストップウォッチを55年近く止めなかったのか?


・↑そんなに難しくないだろ。
スタートの時間は記録に残っているだろうから、ゴールの時間が分かれば数字のマジックをするだけだ。


・俺はいまだにあのタイムを切ることが出来ないぞ。


・↑その態度じゃ無理だ。


・誰かが座って時計を見るだけで給料を貰っていたのか?
「ああ、今年こそ彼に完走してもらいたいよ。」


・彼はギネスに載ったと賭けても良い。






・そのマラソンのスタートの様子。



・↑ゴールの様子は?
60年代までにはカラー映像になっているだろ?


・彼は俺よりも少し速いよ。


・うるう年は、ちゃんと数えたのかな?


・コースを外れたんだから、失格になるべきでは?


・モンティパイソンのかくれんぼオリンピック決勝を思い出すな。



・彼が数年後に制作されたモンティ・パイソンのかくれんぼのインスピレーションになったのだろうか?





・とても長いマラソンだった。
その間に彼は多くのマラソンを完走していた。
記事「長い旅だった。この間に結婚して、子供が6人、孫が10人生まれた。」


・↑これは素晴らしいタイトルになるぞ。


・彼がリビングでテレビを見ながら、ビールを飲んでいる姿を想像してしまった。
「マラソンをゴールした方がいいかな?いいや、来年ゴールしよう。」


・彼は表彰台に立ったのか?
記事では言及していないのだが。

http://goo.gl/7b63eW

follow us in feedly