ssddddds
※フィリピンでの銀輪部隊の様子
銀輪部隊(ぎんりんぶたい)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)時に主に南方作戦で運用された自転車で行軍する大日本帝国陸軍部隊の日本国内における通称・愛称である。当時、どの国も歩兵部隊を安定して輸送できるだけの自動車は保有しておらず、歩兵の移動は依然として徒歩が中心だった。しかし、進攻速度が重視された南方作戦においては、兵器・物資輸送の自動車に遅れずに陸上歩兵部隊をいかに高速輸送するかが一大問題となった。

この問題を解決するために、日本陸軍は現地の自転車を徴発し、急造の自転車部隊を編成した。「銀輪部隊」とは、この部隊に国内の新聞等で与えられた愛称である。この背景には、当時品質が良かった日本の自転車が東南アジア各地に輸出されており、故障しても部品調達が容易だった事情もある。

自転車はフィリピンやマレー半島のジャングルやゴム林・椰子林などの戦車が通れない狭い道でも通れ、川があれば担いで渡れた。銀輪部隊は破壊された橋梁の修復を行って輸送隊の自動車を助けつつ進軍し、緒戦の南方攻略を容易にした。

(ウィペディア)

海外の反応をまとめました。




マレー作戦

マレー半島のイギリス軍は軽く抵抗して時間を稼ぎながら、大小250本の河川にかかる橋梁を逐次爆破し後退した。日本軍は、当時のマスコミが「銀輪部隊」と名づけた自転車部隊を有効活用し、進撃を続けた。日本軍の歩兵は自転車に乗って完全装備で1日数十キロから100キロ近くを進撃し、浅い川であれば自転車を担いで渡河した。戦前からこの地域には日本製の自転車が輸出されていたため部品の現地調達も容易であった。

馬や自転車を活用した日本軍であったが、重砲や車両の前進には橋梁の修復が不可欠であり、第25軍の進撃速度はすなわち橋梁の修復速度であった。この作業には各師団の工兵隊と独立工兵連隊とが文字通り不眠不休であたった。西海岸では舟艇機動も効果を発揮した。20人乗りの舟艇30隻を用意して運び込み、十数回にわたって海上をつたってイギリス軍の背後を奇襲した。マレー半島西岸の制海権はいまだイギリス側にあったが、イギリス海軍はこれに対して何の手も打てなかった。

年が明けて1月6日、日本軍はスリムでイギリス軍の堅陣にぶつかった。ここで戦車第6連隊の島田豊作少佐は戦車の機動力を頼りとする戦車夜襲を決行する。島田は7日午後11時から、九七式中戦車と九五式軽戦車が中核となった夜間突撃を敢行した。これにより1日で全縦深を突破し、逃げ遅れた英印軍1個師団を包囲し壊滅させた。イギリス軍によるマレー半島有数の都市であるクアラルンプールの防衛計画は崩壊し、12日に同市は放棄された。

1月14日にはイギリス軍を追撃中の向田支隊(戦車第1連隊基幹)がゲマスでオーストラリア第8師団の逆襲を受け壊滅するという一戦もあった。1月中旬、近衛師団が前線に到着し、疲労した第5師団に代わって第一線に立った。19日、近衛歩兵第5連隊第2大隊はバクリで英印軍第45旅団と対戦し、大柿大隊長以下6割の死傷者を出しながらも英印軍を殲滅、第45旅団長を戦死させた。

(ウィキペディア)



・I want to ride my biiiiiiiicycle!(自分の自転車に乗りたい!)



・ある時、日本軍はゴムタイヤをすり減らしたか無くしたかで、タイヤのリムに乗っていた。
イギリス軍は、鉄のホイールが地面とぶつかってガラガラ鳴るのを聞いて、戦車がやって来るのかと思った。


・↑そんなわけないだろ!ソースは?


・↑第二次大戦の資料で見た。
素早く検索してみたら、これ(英語)がみつかった。
脚注を見ろ。


・イギリス史上最大の敗北だ。


・スゲェかっこいいな!
俺は去年の夏、自転車のタイヤを無くしてしまって、一区画も休憩なしで乗ることが出来なかったぞ。


・徒歩で進軍するよりも、自転車の方が少ない労力で、多くの荷物を運んで進むことが出来るぞ。


・あのな、将軍が自転車を贈ってくれたら、他の国の侵略に成功することが出来るんだぜ。


・記憶が確かなら、より多くの荷物を運びながら、ジャングルを迅速に移動するために自転車を利用したと読んだ。
それとイギリス軍は日本が海から侵攻してくると思っていたから、有利になった。
日本軍は、タイに対して侵攻が終わったら土地を分け与えることを約束して、自転車でタイの道を通らせてもらった。
土地を分け与えることに関しては不確かだから、誰かチェックしてみてくれ。


・↑実は日本は1941年にタイに進駐している。
しかしながら短期間で、タイの首相は日本の要求を飲んだ。
日本に勝てるわけがないと知っていたから。
日本軍のタイ進駐とは、1941年12月8日に起こったタイ王国と大日本帝国の間での戦闘である。なおその後1941年12月21日に日泰攻守同盟条約を締結した。
英領マラヤやビルマを攻略するに当たって日本はタイを通過しなければならなかった。タイとしては仏泰戦争でヴィシーフランスと争っていた際日本の介入によって解決したり、同じアジアの独立国同士ということもあって日本には協力的だったが、大東亜戦争開戦と同時にタイ南部に侵入したため戦闘が起こった。(ウィキペディア)





・オランダも第二次大戦中に自転車で国境を守ろうとしたぜ。
上手くいかなかったけれどな。


・オーストラリアが1000人の日本の銀輪部隊を待ち伏せした。
橋には爆発物が仕掛けれられて、日本兵が十分に橋の上に来た時に爆破した。
生存者はマシンガンと迫撃砲で撃たれた。
約700名の日本兵が殺害されたと見積もられている。


・写真はないのか?
それとも起きなかったのか?



・これは事実だよ。
ソース:シンガーポールに生涯住んでいるマレーシア人だ。
海岸沿いのシンガポールの南部には、いまだに記念公演に機関砲や戦車の残骸が散らばっている。
学校で教わった内容によると、シンガポールは日本軍の侵攻にとても準備をしていた。
海岸から日本軍がやって来ると推測していたが、北部から自転車で日本軍はやって来たそうだ。





・ヒストリーチャンネル、マレーシアでのライジングサン。
http://goo.gl/uvMlTi

follow us in feedly