aadewweew
パープルハート章 (Purple Heart) は、アメリカ合衆国の戦傷章。日本語では名誉負傷章名誉戦傷章名誉戦死傷章等とも表記される。

戦闘を含む作戦行動によって死傷したアメリカ合衆国全軍の兵士に対して与えられる。生死不明になった場合にも授与されることがある。

記章は幅 1 3/8 インチのハート型で、表面は紫色で金色の縁取りがされ、中心にはワシントンの胸像レリーフが配置され、紐の部分はワシントンのコート・オブ・アームズとなっている。そして、裏面は青銅地金に“FOR MILITARY MERIT”の文字が彫られている。綬は幅 1 3/8 インチで紫色。両端に 1/8 インチ幅の白線。

(海外の反応)

海外の反応をまとめました。




パープルハート章の前身は、ジョージ・ワシントンによってアメリカ独立戦争中の1782年に制定されたバッジ・オブ・ミリタリーメリット (Badge of Military Merit) である。この章は紫色でハート型の布片だった。しかし、この章は終戦に伴い運用されなくなった。

1932年、ジョージ・ワシントン生誕200周年を記念して、大統領命令により当時の陸軍参謀総長ダグラス・マッカーサーが” パープルハート章”の名称で復活させた(1932年2月22日陸軍省令第3号)。そして、同日発行の陸軍省通達により、1917年4月以降に功労感状 (Meritorious Service Citation Certificate) を受けた者及び戦傷袖章 (Wound Chevron) の着用を許可された者も同章の授与対象とされた。このことにより、マッカーサー自身も第一次世界大戦時の戦傷に対して同章が授与された。

第二次世界大戦中、アメリカ軍は日本本土決戦において生じるであろう死傷者数を推定して50万個のパープルハート章を製造したが、ポツダム宣言受諾によって本土決戦はなくなり、このため量産されたパープルハート章は戦後70年経っても尽きることがなかった。2003年当時で残っているパープルハート章の総数は12万ほどだった。これが底をついたのは2010年頃である。(ウィキペディア)



名誉勲章のような他のメダルに関しても同じようなことが言えるのだろうか?
名誉勲章(Medal of Honor)は、アメリカ軍の勲章において最高位の勲章。アメリカ合衆国の軍人に大統領から直接授与されるものである。「議会の名において」授与されることから議会名誉勲章(Congressional Medal of Honor)とも言う。多くは大統領感状も同時に授与される。(ウィキペディア)
※左から陸軍・海軍・空軍
ファイル:Medalsofhonor2.jpg


・↑名誉勲章は、1人1人の為に特別に作られて彫られる。


・記事が指摘する通り、2003年の時点で12万残っていた。
現在、12万個残っているわけじゃない。


・↑イラクとアフガン戦争の結果、2012年の時点で5万5千以上の戦傷章が授与された。


・↑なんてこった。
パープルハート章の在庫が切れそうじゃないか。
備品室にもっと注文するように誰か言ってくれよ。


・日本全土を占領するのは、悪夢だと教えられたぞ。
小さな島がたくさんあるから。


・↑それと日本兵の戦い方だな。
彼らは最後の一人まで戦う。
彼らが諦めたり、退却することはほどんどない。
太平洋戦争は、このために特に難しかった。


・↑女性・子供・年寄りに竹槍を使って最後まで戦うように教えていたと、確かどこかで読んだのを思い出した。


・↑アメリカの軍人が、本土決戦の際に一番恐れたことについて語っていたことを思い出した。
一番の懸念は、女子供が竹を尖らせた武器を持って向かってくることだった。


・↑俺の記憶が確かなら、サイパンや沖縄で戦った米兵の間でかなり高い率でPTSDが発症した。
なぜなら米兵が一般市民を殺害することを強要されたり、彼らが捕虜になるのを避けるために自殺する様子(多くは集団自殺)を見たからだ。


・↑ああ、ある島には一般市民が飛び降りた崖がたくさんあった。
ちょっと前にその写真を見たことを思い出す。
ゾッとするね。


・↑沖縄だ。






・戦傷章が置いてある倉庫が見てみたい。


・↑こんな感じか?
[RaidersWarehouse.jpg]


・俺はイラクでの従軍中に1つ貰ったぞ。


・↑俺もだ。いつ、どこで貰ったんだ?


・あの原爆のお陰だな。


・↑もしくは差し迫ったロシアやクーデターのせいだったかもしれない。
尋ねる歴史家によって答えが異なる。
理由はどうあれ、俺達が侵攻する必要が無くて良かったよ。
たしかペンタゴンは、元々は彼らが予期していた死傷者を収容するために作られたと思う。
だから1世紀物の価値があるパープルハート章に加えて、物凄い軍事施設を手に入れた。
ああ、それともちろん多くの命が失われずに済んだし、数え切らない悲しみをもたらさなくて済んだ。


・↑それは正しくない。
ただの都市伝説だ。


・↑もしその為に作られたのなら、西海岸に作っているだろ。





・これが投稿されたことが興味深い。
俺はパープルハート章を受賞することになった負傷を9年前の今日負った。


・じゃあ、戦傷章が全部無くなったらどうするんだ?


・↑また新しいのを作るまでさ。

http://goo.gl/ythC0n

follow us in feedly