aarffffdff

日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナー(72)が27日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見し、今年11月に日米野球開催を企画していることを明かした。日本側は小久保裕紀監督(42)率いる代表チームが出場し、MLB選抜には日本人メジャーリーガーが参加する方向だ。侍ジャパン対ヤンキース・田中将大投手(25)の夢の対決が実現する可能性が出てきた。(スポーツ報知)
海外の反応をまとめました。



ファンが興奮する一戦が実現するかもしれない。今年1月に就任した熊崎コミッショナーが、NPB改革案を披露。侍ジャパンを中心とした事業強化の一 環として「今年は11月に日米決戦を企画しておりまして、日本は侍ジャパンがそこに出るということになっております。(MLB選抜と)力比べしようじゃな いかということ」と明かした。

 これまでの日米野球はMLBとNPBそれぞれが選抜チームを編成して出場していた。前回、06年は選手をファン投票で選ぶなど、どちらかといえば 「お祭り的要素」が強い親善試合だった。今回は、史上初めて「JAPAN」のユニホームを来た代表チームで臨む。17年のWBCに向けて小久保監督が中心 となり選手選考することになりそう。同監督は今月15日から沖縄、宮崎の各球団キャンプを訪れ、実戦を視察した。今後、若手選手などがシーズンでどう成長 していくかも見守るつもりだ。

 ファンが期待するのは、ヤ軍に移籍した田中やレンジャーズ・ダルビッシュらメジャー組の参加だ。出場することになれば、日本代表ではなく、MLB 選抜として帰国することが濃厚だ。メジャー各球団の思惑もあり、大会参加は容易ではないが、実現すれば、田中と侍ジャパンが対決する貴重な一戦となる。

 今後はMLBサイドと試合数など詰めの作業を行う予定。熊崎コミッショナーは「5戦やるのか何戦やるのか。まだ決定したわけではない。いろいろ詰 めなくてはいけないところもある。でも、私個人としても是非やりたいという希望は持っている」と夢対決の実現を心待ちにしていた。(スポーツ報知)



・やったね。


・本当のオールスターのチームになるのか?
それとも各チームが怪我しても気にしない選手達で構成されるオールスターチームになるのか?


・↑先発のセンターは、クリス・ハイジー!


・↑ウィリー・ブルームクイストが輝く時が来た!


・素晴らしい知らせだ。
でも絶対にベストなプレーが見たいね。
カーショウ・バーランダー・シャーザーが完投して、世界を黙らせる様子を見たい。


・↑どちらのチームが田中を得るんだ?


・↑ダルビッシュ・岩隈・田中がいるから、日本の先発陣はすごい面子になるな。


・↑そうだな。
俺の最大の望みは、ベストなチームが集まるWBCを見ることだ。
アメリカがWBCで負けるとは思えない。


・↑ドミニカとベネズエラ相手に大苦戦すると思う。


・日本は過去10年、すばらしい先発ピッチャーたちを要していた。
彼らがWBCで2度優勝したのも驚きではない。
ブルペンにいる上原も健康だし・・・彼はすごい先発投手だった。
怪我する前の松坂も素晴らしかった。


・ダルビッシュがいたら、イランも良いチームになると思うぞ。






・日本について興味深いのは、NPBのオールスターでこの日米野球に臨まない点だ。
オフシーズンの国際大会を行うメンバーとなる。
昨年、新しい監督の小久保裕紀は、若いチームを率いて台湾と親善試合を3試合行い全勝した。


・「でも誰か怪我してしまう」って思う臆病者は、スポーツや競技の精神を理解していない。


・↑言うまでもなく、MLBは何度もそういったことをしてきた。


・素晴らしい。
Bチームではなく、ベストなチームを送り込んでもらいたい。


・良いね。
彼らが過去のNLBオールスターと対照的に、侍ジャパンとしてプレーするのが興味深い。





・興奮するな。
トラウト・マカッチェン・カノ・トゥロウィツキー・カーショウが見たいけれど、それは疑わしいな。
怪我して欲しくないから、田中には投げてもらいたくない。(笑)
しかもこれはシリーズだから、もっと面白くなるな。
このシリーズで、新しい田中やダルビッシュを発見できるかもしれない。


・↑田中は俺達のベストチームに分類されないだろ。
まだMLBの公式戦で投げていない。


・↑もしNPBの選手達をプレーさせたら、田中がベストだろう。
彼は他の選手達を圧倒した。
ベストな強打者たちをまるでリトルリーグの選手のように見せてしまった。

http://goo.gl/5KAKOc

follow us in feedly