ssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

耳が聞こえない障害を乗り越えて作曲活動をしているとしてきた佐村河内守氏が、実際は他人に作曲を依頼していた問題で、7日、佐村河内氏本人が問題発覚後、初めて記者会見を開き「このたびは多大なご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした」と謝罪しました。

この問題は、15年ほど前から両耳が全く聞こえない障害を乗り越えて作曲活動をしているとしてきた佐村河内守氏が、実際には作曲家の新垣隆氏に曲を作ってもらい自分の作品として発表していたものです。
先月、この問題が発覚してから佐村河内氏は公の場に姿を見せていませんでしたが、7日、初めて東京都内で記者会見を開きました。
佐村河内氏は、長髪だった髪を切り、ひげもそったうえで、サングラスをかけずに会見に臨みました。
この中で、佐村河内氏は「このたびは多大なご迷惑を皆様におかけしまして誠に申し訳ございませんでした」と謝罪しました。(NHK)
海外の反応をまとめました。



また、聴覚の障害について、両耳が全く聞こえないというのはうそで3年ほど前からある程度、回復していたと告白したことについては「障害者手帳につきまし ては検査の結果、返納いたしました。私はこれまで障害者年金は一度も受け取っていません。近いうちに横浜市からも公表される予定です」と説明しました。
そのうえで「会話は聞き取れないことがほとんどで、手話通訳が必要なのはうそ偽りがない」と述べました。
さらに、曲作りを依頼していた新垣氏との関係について「この18年間で新垣氏から『もうやめましょう』と言われたことは、ただ一度。去年のことです」と説明しました。
また、聴覚の障害を利用したという指摘については「やり方は本当に間違っていたが、闇に沈む人たちに光を当てたいという気持ちは天地神明に誓って本物です」と釈明しました。(NHK)


・謝罪は受け入れない。


・もっと大きな声で話せよ。


・今後は、日本のミリ・ヴァニリとして知られることになるな。
ミリ・ヴァニリMilli Vanilli)はロブ・ピラトゥス(1966年5月14日 - 1998年4月2日)、ファブリス・モーヴァン(1965年6月8日 - )の2人組ダンス・ユニット。デビューから4曲の大ヒットを放ちグラミー賞を受賞したが、後に別人が歌っていたことが発覚し賞を剥奪された。「ミリ・バニリ」とも表記される。

・世界は嘘つきと詐欺師で溢れている。


・彼はトロンボーンでハラキリをするべきだ。


・日本にはベートーベンがいる。
アメリカにもベートーベンがいる。
ドイツにだけベートーベンがいない。


・もし音楽を楽しんでいるのなら、何が問題なんだ?
まるで人々がミリ・ヴァニリをやっつけた時のようだね。
その曲が好きなら、どうして怒るんだ?
俺達がエンターテイメントの世界で目にするものの中に、本物はあまりないぞ。


・音楽のことは忘れろ。
醜いことを謝罪しろ。


・一番興味深い質問は、どうして新垣がこんなことをしたかという点だ。
18年間も他人に自分の作品に対する名声を譲っていた。
佐村河内は、一体彼の何を握っているんだ?


・耳を切り落とされるべきだよ。
本物の音楽家がするようにね。


・彼は切腹をするんだよね?






・じゃあ、彼に偽の許しを与えようじゃないか。


・記者が質問したときに、彼は「すいません、聞こえないのでもっと大きな声で話してくれませんか?」って言ったのかな?


・記事「スキャンダルが発覚してから、彼のCDの売り上げは急上昇している。
↑みんな一体何を考えているんだ?


・↑その金が本当に傷害のある人たちに寄付されることを望むよ。


マーケティングの天才。
佐村gotcha(やったね)。


・訴訟も服役もないのか?


・↑この国では、そんなことは起きない。
彼がさらに金儲けをするだけだ。


・この負け犬に注目するのは、もうやめようよ。
これこそ彼が望んでいることだよ。





・素晴らしいマーケティング戦略だ。


・ビットコインで報酬をもらったら良いのに。


・佐村河内さんがエア作曲家であることを謝罪した。


・あいつが作曲なら、俺はオペラ歌手だ。


http://goo.gl/ObDa4g http://goo.gl/1FUSiG http://goo.gl/gMJoN4 http://goo.gl/lNMNM7 http://goo.gl/TEb3ah

follow us in feedly