aaafff
クライド・ウィリアム・トンボー(Clyde William Tombaugh, 1906年2月4日 - 1997年1月17日)はアメリカの天文学者。1930年に冥王星を発見した業績で特に知られている。

1997年1月17日、91歳の誕生日を迎える直前にラス・クルーセスの自宅で亡くなった

彼の遺灰の一部は2006年に打ち上げられた太陽系外縁天体探査機ニュー・ホライズンズのコンテナに納められた。コンテナには以下の銘文が刻まれている。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。





・すごい安息の地だな。
「クライドが火葬されたか?
どこに灰をまくんだ?
海?お気に入りの公園?」

「いいや、奴らは太陽から最も遠い惑・・・ゴツゴツした岩みたいな場所に飛ばした。」


・↑冥王星は太陽系の中で太陽から最も離れている岩ではない。
ほとんどの場合、エリスの方がずっと遠くを飛んでいる。
しかも冥王星よりも大きい。
酷い軌道を持っているのは言うまでもない。


・俺にとってはいつまでも惑星だよ。


・落ち込まないで、冥王星。
俺も惑星じゃないから。


・↑俺はなろうと試みた。


・冥王星到達まで、あとたったの9年か。
凄く速いな。


・冥王星に着陸するわけではなく、ただ高速で横を通り過ぎるのが面白いな。


・↑速度を遅くするための燃料が必要な場合、宇宙船はずっと大きくする必要がある。
それに冥王星に着陸するとなると、コストに加えてとても複雑なミッションになる。
ミッションの目的は、通り過ぎるだけですべて達成される。
それに俺達の惑星への初到達は、すべて通りすぎるだけだった。
もしかしたらいつか、氷の表面に探査機を送り込むかもな。
とりあえず今は、1つのステップを踏もうじゃないか。






・天王星を見つけた奴はどうなんだ?


・どれだけ冥王星が遠いか教えてくれるよ。
リンク(月が1ピクセルだとします。右にスクロールして冥王星までの距離を掴んでください。)


・↑俺は携帯端末を使っているから親指が痛い。


・↑俺は到達出来なかった。
木星で諦めた。


・↑なんてこった。
惑星同士が離れているのは知っていたけど、これほどとは。


・なんだか寂しくなるな。
彼が安息の地として望んでいたと願いたいね。





・新しい悪夢だ。
もし自分の魂が自分の遺灰に宿るとする。
自分の魂を暗くて冷たい岩に送りこんで、一生そこで過ごすことになる。
地獄だよな?


・↑「来週のトワイライトゾーンは・・・」


・いつか誰かが彼の灰を発見して、どうしてそこに来たのか知らないから、冥王星に過去に生命がいた証拠だと思いこんでもらいたい。
まるで惑星間のイタズラだね。


・今から60年後、探査船が灰を発見して人類は冥王星から来たと結論づける。

http://goo.gl/uIGOIT

follow us in feedly