aaaaaaaaaaaad

海外の反応をまとめました。




・U-36Aリアジェットは主に、海上自衛隊の対空訓練支援機として分類される。
あまり情報はないが、対空砲の訓練評価に使われたり、対艦攻撃機の役割を果たすようだ。
右翼についているポッドはカメラだ。
左翼についているポッドは、ミサイルの目標検知追尾装置だ。
それとチャフを搭載していて、
曳航標的も行う。
写真に写っている白い円柱と赤いミサイルのようのものがそれに当たる。
P-1 (哨戒機)が昨年導入されるまで、U-36Aは海上自衛隊が持つ唯一のジェット機だった。

標的曳航を行うU-36A

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/aircraft/tayo/details/img/u-36a_01l.jpg


・↑
P-1 (哨戒機)の見た目が気に入った。
大きくてセクシーな鳥だね。
http://i.imgur.com/AH0gkKg.jpg


・↑同意だ。
この飛行機は美しいラインをしている。


(U-36Aは)玩具みたいだな。


・↑色が鮮やかだよな?
自衛隊は非戦闘航空機は鮮やかな色にするのを好むようだ。

U-60J
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3e/UH-60J_KAB001.jpg


UH-60J
http://www.uraken.net/military/sky/Blackhawk01.jpg


V107A



US1A
http://www.flugzeuginfo.net/acimages/us1a_termorshuizen.jpg


・↑最後の写真は、すごくブサイクだ。


・↑新しいバージョンの方が見た目は良い。
http://cdn-www.airliners.net/aviation-photos/photos/3/9/6/2211693.jpg






・日本が攻撃的な軍隊を持つことができないことと関係しているのか?


・機体の腹の部分にあるレードームは、一体何の為なんだろう?


・↑分からないが、恐らく電子対抗手段ではないだろうか?
船がかく乱する敵に照準を合わせれるように。


・リアジェットのデザインが
P-16を元にしていることを考えると、それほど奇妙な見た目ではないな。
FFA P-16


・↑それは知らなかった。
でも確かに事実のような気がするな。


・俺はリアジェット25と35は戦闘機のように飛ぶなとずっと思っていたが、P-16を元に設計されているとは知らなかったよ。





・色彩計画が良いね。
プラモデル好きに人の為に。
コレクションに加えると面白いかもね。

・イギリス空軍も似たようなのを採用している。
ダッソーファルコンが請け負っている。
Cobham Leasing G-FRAP aircraft at Prestwick





http://goo.gl/YNTKLg

follow us in feedly