fff
ジャラワ族(Jarawa、またはジャルワJarwa)とは、インド領アンダマン諸島に住む先住部族の一つである。現在の人口は250から400人と推定されている。ジャラワ族は、部外者に対して極度の警戒心と敵意を持っているので、彼らの文化・言語・生活様式などは、殆ど知られていない。
ジャラワ族の体格は小柄で、非常に浅黒い肌と彫りの深い顔、二重瞼の目、黒い縮れた髪をしている。現在、アンダマン諸島はインドに属しており、インド政府 は、部外者の出入りを統制している。アンダマンの他の種族であるオンゲ族と異なり、インド政府からの管理者さえも激しい抵抗のために彼らと接触できないこ ともある。
ジャラワ族は、アンダマン諸島の他の先住部族たちと同じく、地球上で最も孤立した種族の一つで、最終氷河期の海面低下していた頃に陸続きのアンダマン半島に移住し、のち海面上昇によって島となったアンダマン諸島へ取り残され、以後、外部との接触を殆どせずに生活してきた。
ジャラワ族のY染色体ハプログループは56%がD*系統に属し、これはチベット人に見られるD1・D3系統や、日本列島に見られるD2系統の祖型であることが近年分子生物学での研究の結果、明らかとなった。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




Y染色体ハプログループ(Yせんしょくたいハプログループ)とは、父系で遺伝するY染色体のハプログループ(=ハプロタイプの集団)のことである。言語学上の区分に近いが、外見上の人種区分とは違うパターンが少なからずある。

ハプログループDは、東アジアに住むためにアラビアから南アジアの沿海岸を通って東南アジアへ、さらに東南アジアから北方への経路を進んで移住していったと想定されるが、現在のインド・中国(漢民族)やその他の地域では全くその痕跡が見当らない。地球上で、ハプログループDが人口比に対して高頻度で見つかるのは日本、チベット、ヤオ族、アンダマン諸島、フィリピンマクタン島、グアム島、だけで、世界でも孤立した限られた地域でしか見つかっていない。しかし、これらのハプログループは、同じハプログループDに属していても、サブグループが異なるため、分岐してから数万年を経ていることを示している。またハプログループDは、中国、朝鮮、東南アジアにおいて一般的なハプログループOとはさらに遠く隔たっている。(ウィキペディア)


・最初はサンタで今度はジャラワ族か。
もしキリストが浅黒い肌だったらどうするんだ?


・つまり、アジア人たちも昔は黒人だったということか?


・はるか昔まで遡れば、俺たちはみんな黒人だったんだよ。



・アフリカのサン族の方が、彼らよりもアジア人のような見た目をしているから面白いよね。



・フィリピンのネグリート達も100%アジア人なのかな?


・記事「彼らの平均身長は約147cmである。」
↑みんな、また会おうな。
自分の身長に安心感を持つために、アンダマン諸島に向かうことにする。


・↑俺は198cmあるから、ゴジラの格好をして、そこに行ってみたい。


・↑あそこで会おうぜ、タフガイ。
http://www.funny-city.com/img/el/668x0/000/007/7422_6276.gif


・十分に彼らに近づくことが出来ないのに、どうやってDNAテストをしたんだ?


・↑センティネル族とは交流しないが、ジャラワ族とは交流する。
センティネル族は孤立したままで、島に対して侵入してきた者に対してはとても攻撃的だ。


・↑外国人嫌いなんだな。


・今まで読んだ中で一番興味深かったな。
知らない人種がまだいるのかずっと思っていた






・記事「ヨーロッパ人は、タスマニアの先住民族以外では、彼らのことを火の起こし方を知らない世界で唯一の人々として記録した。
彼は落雷や残り火に頼ったとしている。」
↑ワオ。


・↑ああ、唖然とするよな。
人類が移動するずっと前に火の起こし方は広がったと思っていたよ。
これは疫病や災害などのせいで、知識が失われてしまったからなのだろうか?
それとも火が必要ではない場所や時代に生活していたために、火を起こす能力を失ってしまったのだろうか?
それとも彼らが人里離れた存在になった後に火の起こし方は発達して、彼らの祖先はそのことを知らなかったのだろうか?


・そして今や彼らは観光客を惹きつける存在になってしまった。


・とても綺麗な肌をしているよね。


・美しい人々だ。


・彼らにも神様の概念があるのか興味がある。






http://goo.gl/5Z6BwV

follow us in feedly