dfff
1994年に発売されたCDラジカセとメガドライブを合体させたCSD-GM1です。
アイワから発売されました。
CDの再生機能とゲーム機能を同時に使用することはできません。


海外の反応をまとめました。





・(スレ主)もしかしたら彼らはただの古いラジオだと思ったのかもしれない。
たったの1580円だった。
カリフォルニアに戻ったら、きちんど動くかテストしようと思う。



・...ただの古いラジオじゃないのか?


・↑(スレ主)いいや、これはセガアイワのCSD-GM1だ。
メガドライブとメガCDのゲームが遊べる。


・↑本当に?
俺はメガCDがどんなゲームなのかすら知らない。
興味深いね。
ちょっとググってくる。


・すごい発見なんだな。
俺はゲーム機やゲームを収集しているわけじゃないけれど、これを扱うことに興奮をする様子が見て取れるよ。


・これと瓜二つのラジカセを持っていた。
でもこれは近づいて見ると、明らかにメガドライブと何か所も書かれているな。


・↑(スレ主)
メガドライブのロゴを見るまで、ただのラジカセかと思っていた。
カセットデッキの下にカートリッジスロットがある。
コントローラもそこに差し込む。
背後のユニットで底の部分と上の部分を繋げるには25ピンのパラレルポートが必要だ。
奇妙だと思ったよ。
下の部分は後から思いついたのかな。



・アイワのステレオ持ってるよ。
良いブランドだよな。


・当時のアイワは良い電化製品を売っていたよな。
品質面ではソニーより良いと思っていた。


・コレクターにとっては、すごい発見だな。
今まで聞いたことがなかった。
一体どれくらいのゲーム機でメガドライブが遊べるんだ?
ノーマッド、メガドライブ、セガマルチメガ、そしてこれだ。


・↑レーザーディスクの再生機でも遊べるよ。


・↑友よ、テラドライブを君に紹介させてくれ。
テラドライブ(TERADRIVE)は、セガが日本IBMと共同開発し、1991年5月に発売した、PC/AT互換パソコンとゲーム機「メガドライブ」の複合機。(ウィキペディア)





・素晴らしいな。
ケーブルとコントローラーも含まれていたのか?


・↑(スレ主)
いいや、何もなかった。
でも16ドルなら何も気にしないよ。
電源は入るし、CD・テープ・ラジオはすべて作動する。
AVケーブルは持っていないから、アメリカに戻ったら後は試してみる。


・↑たぶんコントローラーは50ドルくらいするんじゃないかな。


・↑メガドライブのコントローラーが?
たぶん10ドルくらいだろ。
大量に売っているぞ。


・↑このコントローラーは違う。
http://segaretro.org/images/thumb/7/76/Aiwamcd9.jpg/607px-Aiwamcd9.jpg


・ワオ!キッズコンピュータ・ピコに続いてセガは変テコなゲーム機を作ったんだな。

セガ・エンタープライゼスが1993年に発売した幼児向けの電子知育玩具で、当時のメーカー希望小売価格は税抜16,000円。1998年以降は当時のセガ子会社で玩具部門を担当するセガトイズに販売を移管した。2001年6月1日には同性能の改良機を発売するとともに機器名称をキッズコミュニケーション・ピコに変更した。略称はピコ(PICO)。

タッチペンによる操作、絵本状のページが付いたソフトウェア、テレビ画面と絵本の連動遊び、テレビ画面を利用したお絵かき遊びを特徴とする。キャッチフレーズは「楽しく遊んで、知力すくすく」「遊びが学びの最初の一歩」など。(ウィキペディア)

ファイル:Kids Computer Pico-01.jpg

・↑任天堂はパナソニックにゲームキューブのソフトが遊べるDVDプレーヤーを作らせたぞ。
とてもツヤがある。
http://www.videogameconnection.com/vgcsmarty/datafile/museum/panasonicQ/01_Panasonic_Q_Front.jpg


・↑これ欲しいな。





・これ(CSD-GM1)はいくらくらいの価値があるんだ?


・↑eBayで1450ドルで出品している奴がいる。


マジかよ!
これは2000ドルくらいの価値があるぞ!


・↑新しい箱に入っていたら2000ドルくらいするだろう。
付属品が何もなかったら1200ドルくらいだな。


・日本のリサイクルショップは素晴らしいな。
アメリカのリサイクルショップとは比較にならない。


・最初、このスレは釣りかと思ったよ。
俺もゲーム機を集めているから、すごい嫉妬している。


http://goo.gl/TRNq8R

follow us in feedly