arrr
米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(25)は4日(日本時間5日)、トロントでのブルージェイズ戦に先発、7回を投げて6安打3失点(自責2)、無四 球8奪三振でメジャーデビュー戦を白星で飾った。イチローは「7番・右翼」で出場し、5打数3安打2得点と活躍。ヤンキースは7―3で勝った。(スポニチアネックス)
海外の反応をまとめました。



初回、ヤンキースは5長短打を集中して2点を先制。援護をもらった田中だが、その裏、先頭のカブレラにソロ本塁打を浴びてメジャー初失点。2回には1死から連打と味方の失策で満塁のピンチを招き、ディアスに左前2点適時打を浴びて逆転を許してしまう。
 だが、ヤンキースは1死からロバーツが四球で出塁して二塁。2死後にイチローの二塁内野安打で一、三塁とし、ソラーテの右中間への適時二塁打で2点を奪って再逆転。4回にも1死一、三塁からマキャンの左前適時打で1点を追加。8、9回にも1点ずつ加えた。
 田中は3回以降はブルージェイズに得点を許さず、6―3とリードした8回裏のマウンドから左腕のソーントンと交代。ヤンキースは継投でリードを守り抜いた。
 田中は昨季24勝0敗の大活躍で楽天のリーグ初優勝と日本一に貢献。新ポスティングシステムを利用して、大リーグ史上5番目となる7年総額1億5500 万ドル(約158億1000万円)の大型契約を結びヤンキース入りした。この日の勝利で日米通算100勝を達成。登板176試合での到達は、65年のドラ フト制度以降ではレンジャーズのダルビッシュ有投手(27)の177試合を抜いて最速。また、日本人投手がメジャー初登板初先発を白星で飾るのは田中で9 人目。(スポニチアネックス)


・MLBへようこそ、田中。


・田中の初登板の試合を見れて興奮している。
何か特別なことをやってもらいたい。


先頭打者ホームラン


・これは俺が思い描いた田中のメジャーデビューじゃない。


・田中が初めての打者にホームランを許したことを笑っても良いよね?


・↑彼はその後持ち直したからな。
どうして駄目なんだ?


・田中は落ち着いて良くやり始めている。


・田中は落ち着いたようだね。
三振を取り始めている。


・田中は最初の2イニングで4つ三振を奪った。
全然悪くない。


・↑俺は田中を称えて、松井のユニフォームを着て弾けているぜ!


・凡打でアウトを取るのではなく、4奪三振を奪った。
田中が如何に効率的なのか理解出来ない。


・とても興奮している。
田中は良かった。
先頭打者にホームランを打たれても動揺しなかった。
エルズベリーも素晴らしかった。
ヤンガービスもね。
今、とても幸せだ。


・↑田中のスプリットは別次元だった。






・彼はあのホームランの後、落ち着いた。
素晴らしい投球を見せた。
この男は本物のようだね。


・最初の2イニング以降は、すごく落ち着いていた。
あのスプリットは、全く別物だな。


・今シーズン、もう彼とは対戦したくない。
彼は凄いスプリットを持っているし、凄く落ち着いている。
コントロールも良い。(ブルージェイズファン)



・日本の暗殺者。


・田中の初登板に感心したよ。
7回を投げて6安打3失点(自責2)、無四球8奪三振。


・素晴らしい試合だった!
田中は俺が支払った額に見合ったものを見せてくれた!
それに北部の空気を吸った後、ようやく打線が生き返った。


・田中の初先発に対する君たちの感想は?


・↑とても良かったよ。


・田中のコントロールは完璧だ。
MLB初先発であったことを考えると、最初はグラついても仕方がない。
それでも彼は重要な場面で三振を奪った。





・彼は力で押すタイプのピッチャーじゃない。
彼の速球は少し心配だ。
低め以外にボールが行く時は、少し心配になる。
でも彼が変化球で打者のバランスを崩す限り、彼は厄介な投手になるだろう。


・田中は良く持ち直したよな。
願わくば、最初にホームランを打たれずに良いピッチングをしてもらいたい。

http://goo.gl/iMb2E0 http://goo.gl/iMb2E0 http://goo.gl/1yXwK4 http://goo.gl/QI9hcy http://goo.gl/E6SXVx

follow us in feedly