ddff
 新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文不正問題で、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)が9日開いた記者会見。科学者としての未熟さや不勉強を反省する一方で「STAP細胞はある」と明言。自身の言葉で謝罪と反論を重ねた。(産経新聞)
海外の反応をまとめました。






・研究室の壁紙がピンクなことと、日本のエプロンは彼女の研究結果とは関係ない。
研究室の壁に一番良い色って何だろう?
彼女が賢くて可愛いから荒探しをしているんだと思う。


・俺は査読が大好きだ。
でもこの件が成体幹細胞に関するすべての研究結果を軌道から外させて、疑わしく見せるための試みなのではないかと被害妄想をしてしまう。
※査読・・・学術誌に投稿された学術論文を専門家が読み、その内容を査定すること


・査読と証拠の考察の方が信じることよりも重要だよ。


・彼女のハーバードの共同研究者には何か起きたか?


・化学に涙は必要ない。


・↑生物学の中には多くの涙があるけどね。


・定年退職した化学の教師として言うが、こういうことが起きてもおかしくはない。
他の研究者たちが俺の研究結果を再現できなかった時に、強く非難されたことが何度かある。


・論文はあるんだろ。
もし科学的なメリットがあるのなら、誰か他の人間が前に進めるだろう。
彼女はこの分野では、もうおしまい。
以上。


・↑悲しいことに事実だな。


・論文提出の前に彼女の年上の指導者がこういった問題を捉えるべきだった。
彼がもっと非難されるべきだと思う。
若い科学者たちにはすごい重圧がかかる。


・↑何?
愚かな発言だな。
彼女は主任研究員だったし、何年も経験があった。
彼女が偽の写真を使ったか、年上の指導者がダブルチェックをすると思うか?
馬鹿な発言だ。
君は研究のことが分かっていない。






・俺はもう少しでノーベル賞を受賞するところだったけど、奴らに俺はふざけているだけだと言ってやったぜ。


・女の研究者がこれを見つけたからだろ。


・↑もしかしたらそうかもな。
でもどこの国際的な研究チームも彼女の結果を再現出来ていない。


・報道によると、彼女は200回以上STAP細胞を作製することに成功したとある。
じゃあ彼女がやるべきことは、他の科学者たちが見ている前で、同じ結果を出すことだけだろう。


・もし彼女が論文を偽造していたとしても、大金を得る為に嘘をついた初めての科学者ではない。
正直な間違いであることを望むよ。


・俺はこの件に関してコメントをする資格がないと思う。


・凄く可愛い。
本当のことを言っているに違いない。


・彼女なのか?
ワオ!イイ女だね。




・これがもし上手くいっていたら、多くの人々が良くなって老人ホームで長生きになっていた。


・彼女は自宅のローンが払い終わって、確定拠出年金の額が十分になるまで、自分の過ちを認めることはできない。


・もし彼女がデータ偽造していたのなら、彼女には地球温暖化の産業での明るい未来が待っているよ。


http://goo.gl/9r2RzS http://goo.gl/1HHqvB

follow us in feedly