ee
(CNN)中国の人民解放軍の空軍は10日までに、同国北部の基地で鳥の営巣を阻止するため特別訓練を施した「サル」を出動させていることを明らかにした。

空軍のウェブサイトが伝えたもので、飛行中の航空機と鳥の衝突を防ぐなど基地の安全確保に必要な措置としている。この基地の所在地には触れなかったが、渡り鳥の主要な飛行ルート上に位置しているという。

サルの活躍で効果は上がっているとし、鳥が戻ることもなくなったという。サルが枝に残す臭いなどが鳥を遠ざける要因ともみられる。同サイトは、「サルは我々の忠実なボディーガードであり、同士の安全を守っている」と称賛している。

海外の反応をまとめました。



鳥類と航空機の衝突は中国だけでなく、世界各地でも起きており、一部の空港では対策を講じている。鳥がエンジンの空気取り入れ口などに飛び込み、飛行継続を不可能にする事例も多発している。

同サイトによると、空軍将校は「心配しないで。我々には秘密兵器がある」と自負。同将校によると、基地ではサルに笛の音に反応する特別訓練を施している。鳥の巣が樹木のてっぺんで見付かった場合、サルが出動しこれを取り除く仕掛けとなっている。

人民解放軍はこれまで、基地周辺で樹上の鳥の巣を除去する様々な努力を費やしてきた。発砲や長い竹の棒で取り除く対策の他、兵士が木に登って処理する作業も行ってきた。

ただ、成果は出ず、鳥は戻り続けていた。木によじ登る兵士の安全対策にも問題が出ていたという。(CNN)


sff


afr



・良い社会保障と定年後の手当てがあると良いね。


・↑汚染された空気を吸って、ガンで死ぬ。


・CIAの次の新職員。
http://bryonytheatrical.co.uk/ekmps/shops/bryonyt/images/monkey-costume-31451-p.jpg


・アメリカも同様のことに鷹を使っている。
鳥を払いのけるために動物を使うことは、良く行われているようだね。


・何故だか分からんが、中国軍の制服を着たサルたちが列に並んでいる姿を想像してしまった。


・仕事が済んだら、猿は晩飯になる。


・明らかに奴らは、猿の惑星を見たことがないらしい。
猿と類人猿が同じ物ではないことは知っているが、私の言っている意味が分かるだろ?


・このサルたちは、良い兵士になれると思うよ。
敵を攻撃するために訓練することだって出来る。


・どの国がターザンのコマンド隊員のアイデアを思いつくかな?


・つまり中国空軍は、渡り鳥がたくさんいる地域に空軍基地を建設したのか?
誰が良いアイデアだと思ったんだ?


・アメリカにはロボットの兵士がもっと当たり前にいる。
しかも、より高価だ。


・中国と戦争することになったら、木の上で動く物はすべて撃て。


・どうして駄目なんだ?
奴らの軍は戦争に勝ったことが無い。
もしかしたら猿なら勝てるかもしれない。






・おい、俺たちはみんなサルだぞ。


・↑多くの人々がこの意味が理解できないと思うと悲しい。


・彼らはバナナで給料が支払われるのか?
中国の一般労働者よりも彼らの稼ぎは少ないと思ったが。


・最近聞いた中では、もっともクールな話だった。


・秘密じゃない「秘密兵器」か。


・俺たちだって猿を訓練している。
でもアメリカでは奴らは議会で働いている。


・もしかしたら、俺たちは中国から何かを学べるかもね。


・逃げろ!12モンキーズの軍だぞ!


・馬鹿な軍隊だ。
どうして科学を使わない?
アメリカでは鳥を捕食する動物の可聴周波数を使って、鳥を追っ払っているぞ。





・明らかにアメリカには、もはや真の軍事的脅威が存在しないようだ。


・奴らにも制服を支給しろよ。


・↑それとマシンガンもな。


・すごく可愛い。


・中国軍は急拡大しているな。(笑)
気をつけろ、日本。
http://goo.gl/f1192yhttp://goo.gl/UVcVXDhttp://goo.gl/XH3X7d

follow us in feedly