are
南アフリカのネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)元大統領の追悼式で「でたらめ手話通訳」として世界の注目を浴びた男性がこのほど、ライブ配信用アプリの広告キャンペーンに起用された。
  タムサンカ・ジャンティ(Thamsanqa Jantjie)さんは、昨年12月に行われた故マンデラ氏の追悼式でバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領やマンデラ氏の孫などの演説の手話通訳を務めたが、手話として意味を成さない「でたらめ通訳」だったと批判を浴びた。(AFP)
海外の反応をまとめました。




そのジャンティさんが出演するストリーミング配信アプリ「ライブレンズ(Livelens)」のコマーシャル(CM)ビデオは、「ネルソン・マンデラ追悼式のタムサンカ・ジャンティです」との自己紹介から始まる。
 ジャンティさんは続けて、手話をしながら「信じてください。私は本物の手話通訳です」と言う。しかし、この映像には手話の吹き替え訳として「私は手話は──していません」という女性の声がかぶせられている。
  場面が切り替わり、演壇に立ったジャンティさんが「起きてしまったことに、心からお詫びを申し上げます」と語る。だが、これをジャンティさん自らが手話に 訳した映像は、再び女性の声で「私は有名人。全世界で有名になりたい。今度はお金のために働いています」と吹き替えられている。
 最後はジャンティさんが上着を脱ぎ、ダンスを踊ってCMは終わる。
  ライブレンズは交流サイトのフェイスブック(Facebook)の自社ページで、CMの反響の大きさに驚きを表明。耳が不自由な人々を軽視する意図はない と断りつつ、「人には第2のチャンスが与えられるべきだ。タムサンカ(ジャンティさん)は精神に障害があり、過ちを犯したことを何度も認めている。それな のに、一生とがめられるべきだろうか」と述べている。
 米放送局NBCによれば、CMが撮影されたのは2月で、ジャンティさんは1か月以上にわたって入院していた精神病院から退院して撮影に臨んだという。出演料は公表されていない。(AFP)



・信じられないかもしれないが、マンデラの通訳が戻って来た!


・これは天才的だな。


・↑イスラエル企業の制作だ。


・この男は釣りのゴッドファーザーだ。
俺のヒーローだよ。


・この可哀そうな男は、文字通り狂っていたんだな。


・↑いいや。
彼は責任逃れをするために、精神疾患を主張した。
そしていつも通り、人々はそれを信じた。


・彼が精神病院に入っていたことにもっと驚いた。


・悪評は、マーケティングでは評判の良い物として使えるからな。
奴らの狙いはそれだろう。


・これって本当に起きたことなの?


・どうして彼は、彼と契約した男と共に刑務所に収監されていないんだ?


・史上最大の釣りの一つ。


・ライブレンズ(Livelens)に対する興味がもっと無くなった。
初めて聞いたけど。


・こんなの馬鹿げているよな。
ライブレンズは恥を知った方が良い。
耳の聞こえない人たちをからかって、面白いCMを作ろうとするなんて。


・悪いマーケティング戦略だな。






・記事「我々は最悪な生放送を行った者が、一番適任だと思った。
↑他にも何人か競争相手がいると思うぞ。


・↑みんな、アシュリー・シンプソンのことを忘れてしまったのか?



・↑待てよ・・・誰だそいつは?
何が起きたんだ?


・↑ジェシカ・シンプソンの妹だよ。
ジェシカ・シンプソンのことも憶えていないかもな。
2004年10月23日にアシュリー・シンプソンが音楽ゲストで出演したが、2曲目の前奏中にマイクを離しているにも関わらず"1曲目の"歌声が流れてしまい、口パクが発覚した。 彼女はすかさず踊って誤魔化そうとしたが、曲の途中でステージから離れた。 エンディングでホストのジュード・ロウと共に現れ、「バンドが間違った曲を演奏したのでどうしたら良いか分からなくなって、踊った」と謝罪した。(ウィキペディア)

・この男はマンデラの葬式を冗談に変えたのに、それをネタに金を稼いでいる。
俺たちは本当に愚かな世界に住んでいるんだな。


・南アフリカ人であることが凄く恥ずかしい。


・すばらしいCMだな。ハハハ!


・ああ、あんたがいなくて寂しかった。





・ネガティブなコメントだらけだったが、このアプリをダウンロードしようと思った。


・本当に失礼だよ。


・この男はCMの中ではなく、刑務所の中にいるべきだろ。


・オバマの横に立つ彼は傑作だった。

http://goo.gl/GifgPVhttp://goo.gl/Bi0fglhttp://goo.gl/YzE3AN

(まるでコメディー)マンデラ氏追悼式の手話通訳は全くのデタラメ(海外の反応)

follow us in feedly