se
スタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』の新ポスターと6名のキャラクター画像が一挙公開された。本作は、イギリスの同名児童書を原作に、美しく広がる 北海道の湿地を舞台にしたファンタジー。心を閉ざした少女・杏奈(高月彩良)が“湿っ地屋敷”で金髪の少女マーニー(有村架純)と出会い、ひと夏を共に過 ごすさまを、映画『借りぐらしのアリエッティ』の米林宏昌監督が丁寧に描き出す。(シネマトゥデイ)
海外の反応をまとめました。



今回公開されたポスタービジュアルは、背中合わせで手をつないだ杏奈とマーニーが、雲間から光が差し込む浅瀬でたたずむ姿を捉えたもの。映画のワンシーンではなく、米林監督が本作の世界観を一枚画でデザインした作品だ。

  さらに、杏奈を取り巻く登場人物のビジュアルも一挙公開された。杏奈の養母・頼子(松嶋菜々子)、頼子の親戚で、杏奈が夏の間お世話になる大岩セツ(根岸 季衣)とその夫・清正(寺島進)、最愛の夫に先立たれて悲しみに暮れる老婦人(森山良子)、“湿っ地屋敷”の意地悪なばあや(吉行和子)、杏奈が憧れる存 在で、岸辺で“湿っ地屋敷”の絵を描く久子(黒木瞳)の6名だ。

 杏奈を愛しているが故に彼女から愛情を疑われているのではと不安になって しまう頼子や、大らかで何があっても笑い飛ばすような明るさのあるセツ、西村義明プロデューサーが「(寺島と)なにせ、顔がそっくり」と語った清正の表情 が印象的なキャラクター画像。老婦人は後ろ姿で顔は見えないものの、西村プロデューサーは「劇中歌が入るシーンがあるのですが、その歌は映画全体を優しく 包みこんでくれるような歌であってほしい。その歌と声を考えた時に、森山良子さんが浮かびました」と声を担当する森山が劇中歌を歌うことを明かしている。 (編集部・市川遥)

映画『思い出のマーニー』は7月19日より全国公開(シネマトゥディ)



スマホユーザー向け画像リンク


・すぐに百合とは言おうとは思わない。
もしかしたら、赤毛のアンで描かれた友情に似たソウルメイトなのかもしれない。
何故だか分からないが赤毛のアンは、日本ですごく人気があるから、この映画が心の友達についての映画であっても驚かない。
赤毛のアンの中に、百合の性質が潜在すると思わない限りね。


・↑俺は赤毛のアンは、義務教育の読み物の一部だと聞いたぞ。


・左側の子供は、男の子かと思ったよ。


米林宏昌の2作目の監督作品だ。
1作目の
「借りぐらしのアリエッティ」のことを考えると、この作品に対してすごく期待している。
年配の人たちの顔のシワのせいで、「おもひでぽろぽろ」を思い出したのは俺だけか?


・↑アリエッティは、ジブリ映画の中で一番好きではなかった。


・↑映画の大部分は好きだったけれど、エンディングに精彩を欠いた。


・ジブリにはもっとファンタジーが必要だよ。
もののけ姫みたいな、叙事詩的映画が見たい。






・金髪の女の子は、エステルを思い起こさせる。


・↑大男は、
パプリカの時田浩作の若い頃みたいだった。
http://i.imgur.com/RdYJ4kA.jpg


・↑同じことを書こうと思った。
少し今敏っぽいね。
良いことだ。


・金髪の女の子は、MONSTERのヨハンを彷彿させた。
動揺した。


・「耳をすませば」を作った男が他界していなければなぁ。
俺が一番好きなジブリ映画だった。


・これらの画像は、他のジブリ作品に比べると質の低いアニメーションのように思える。
それに質が絵によって違う。
車の質は、あまり良くない。
でもビーチの海は素晴らしい。


・顔が良い。
大きな目や頭から脱却している。





・ジブリ映画が好きな理由は、こういう所だ。
1つのシーンに感情が描かれている。
http://i.imgur.com/i95yYqT.jpg


・俺は映画のプロモーション用の予告編が無いことに困惑している。
来月、日本で公開されるのに。
※公開は7/19です。


・ショートヘアのヒロインはいないの?
宮崎が監督をしていないと分かるね。


・とても興奮している。
シェアしてくれてありがとう。


http://goo.gl/UpVRQw

follow us in feedly