erera
無名の反逆者(むめいのはんぎゃくしゃ)は、1989年6月4日に中華人民共和国で起こった天安門事件の直後、天安門広場に通ずる長安大街の路上で撮影された、戦車の行く手を遮る映像に登場する男性のこと。氏名不詳のため、「無名の反逆者」(英: the Unknown Rebel)、「戦車男」(Tank Man)などのニックネームで呼ばれている。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



天安門事件の翌日(6月5日)、天安門前の10車線道路(長安街)で、彼は事件を鎮圧するために現れた59式戦車の車列の前に立ち、行く手を遮った。場所は北京飯店南西の交差点(北緯39度54分23.5秒 東経116度23分59.8秒座標: 北緯39度54分23.5秒 東経116度23分59.8秒)。戦車は何度も彼を回避するために横に迂回しようとするが、その都度彼は戦車の前に立ちふさがり侵入を防いだ。しばらくそれを繰り返した後、彼が戦車に飛び乗って中の兵士となんらかの口論をしていた様子が、CNNやBBCのクルーによって撮影され、世界中に配信され一躍その姿を知らしめることになった。ビデオ映像は、心配した他の市民(または私服警官という説もあるが不明)が彼を群衆の中に引き戻し、戦車が再び行進する場面で終わっている。映像のほかに、1キロメートル弱離れた北京飯店6階に宿泊していたAP通信のジェフ・ワイドナー英語版によって400mmレンズを使用した写真、またマグナム・フォト所 属のスチュアート・フランクリンによる写真(ワイドナーの写真より広範囲が撮影され、さらに多くの戦車が後に続いていることがわかる)が撮影され、世界の 新聞に掲載された。この印象的な映像や写真は何度も使われ、戦車の前に立って無言の抵抗をした彼は、西側諸国において中国の民主化運動の象徴的存在となっ た。同場面は、ロイターの曾顯華(Arthur Tsang Hin Wah)によって、北京酒店1111号室か らも撮影された。しかし、いくつかの理由のために曾顯華の写真は見落とされていた。1998年4月の『タイム』誌はこの人物を「20世紀最も影響力のあっ た人物100人」に選び、2003年に『ライフ』誌はスチュアートの写真を「世界を変えた写真100」に選んでいる。しかし、戦車の行動を阻止するのは戦 車が天安門を離れる時のことであり、その阻止行動自体の意義は希薄である。

この映像に対し、「この衝撃的な映像には2人の無名の英雄がいる。それは戦車の前に立ちはだかった男と、彼をひき殺すことを躊躇した戦車の兵士だ」という意見がある。

映っている男性

写っている男性の素性は謎に包まれている。当時の学生指導者ウーアルカイシや中国の知識人にさえ、彼のことを知る者が存在しないことから、その場にたまたま居合わせた普通の中国人の若者の1人ではないかと言われている

イギリスのタブロイド紙『サンデー・タイムズ』は事件直後、この人物はWang Weilin(王維林、王维林)という19歳の学生であると報じた。彼は後に「政治的内乱罪」(political hooliganism)と「人民解放軍のメンバーを覆そうと試みた罪」(attempting to subvert members of the People's Liberation Army)により起訴されたとも報じられている。しかし、両者ともに確たる証拠が存在しない。

彼のその後については、「すぐに処刑された」「刑務所の中で精神に異常を来した」「出所して台湾で暮らしている」などの説もある。

事件後、1990年の記者会見で、アメリカのジャーナリスト、バーバラ・ウォルターズからの「中国の自由の象徴というべきあの男はどうなったのか?」という質問に対し、江沢民は「死んではいないと思うが…」と言葉を濁しただけにとどまった。(ウィキペディア)


erer




・この写真には2人の勇敢な男がいる。
戦車の列の前に立ちはだかった男と、国家に立ち向かう罪を犯す男を轢き殺すことを拒んだ戦車の中の男だ。



・↑まさにその通りだ。


・どうして他の戦車は、戦闘の戦車を迂回しなかったんだ?
戦車男は、1台の戦車しか止めることは出来ないだろ。


・↑フォーメーションを崩すことは出来ない。


・↑軍の秩序と規律だ。


・↑みんなが「どうして止まったんだろう?」って思ったんだよ。


・↑ああ、無線で交信することを忘れていたんだよ。


・どうしてあんなに戦車が必要だと思ったんだ?


・↑100万人以上いた抗議者たちを黙らせようとしたんだよ。


・↑黙らせる必要があった唯一の男は、恐れなくて残念だったな。


・↑彼らは戦車で抗議する者たちをひき潰すことに成功した。
恐怖を植え付けて、支配することに成功した。
この事件以降の25年間、中国本土で同様の事件は起きていない。


・俺たちは「タンクマン」よりもマシな名前を考えるべきだ。
彼が失敗したトランスフォーマー印象を与える。


・↑たしかタイム紙は、表紙で「無名の反逆者」と名付けていたと思う。






・今日の中国では、これらの写真や言及している物を見つけることはできない。
それにいまだに彼の身元は不明のままだ。
彼に何が起きたのかは、誰も知らない。


・↑でもみんな、どうなったか分かっていると思う。


・あの買い物袋の中は、度胸で溢れていた。


・買い物袋の中には、何が入っていたのかといつも思ってしまう。


・↑彼は抗議に参加した者ではなかった。
食料品店から帰る普通の男だった。
ずっと抑圧されていた男が立ち上がった。
彼が買い物袋を持っていたのは、これを計画していなかったからだ。
彼はやらなければいけないと思ったんだ。


・↑お前、完全に話を作ったろ。
この男について何にも知らないだろ。


・↑買い物袋を持っていたんだぞ?
他に論理的な説明が出来るか?
買い物袋の中に爆弾が入っていたのか?


・この写真を思い出した。
「チェコスロバキア侵攻」
http://i.imgur.com/z3Khide.jpg





・別の角度。
http://i.imgur.com/NMokFjZ.jpg


・身元が分からないのは、この後すぐに地球から姿を消したからだ。


・実はバスから降りたばかりで、道を尋ねていたんだよ。


・交通渋滞を引き起こすのは、いつも嫌な奴なんだよな。
http://goo.gl/9vPE7chttp://goo.gl/wJbBRP

follow us in feedly