suhfe

海外の反応をまとめました。




・勲章だらけのあの男は誰?


・↑ニュージーランドの総督だ。


・↑ああ~ニュージーランドね。
オーストラリアのカナダか。


・もし彼が、あれ以上勲章を受け取ることになったら、奴らは彼を溶かしてスクラップにするだろうな。


・完全に的外れだが、彼女のハンドバックをどう思う?


・↑世界に対する宣戦布告だ。
彼女はあのハンドバッグ無しで家から出たことはない。


・↑前植民地は、今でもイギリス連邦に属しているという記録と一緒にね。


・オバマにプロキシを通して、手助けしている男がいる。


・↑イルミナティだよ。


・↑彼はオバマの目を通して見ることさえできる。


・一番左の男「俺はオバマに触れている。オバマは女王に触れている。つまり俺は女王に触れている。」


・女王に触れるとは、何事だ?
手袋越しの握手以外は、彼女に触れてはいけないと思っていたが。


・↑あの植民地の裏切り者たちは、エチケットを知らない。


・↑女王だけが第二次大戦の退役軍人だった。


・↑彼女はロンドン周辺で医療用トラックを乗り回していたんだよな。
カッコいい。


・↑彼女は軍の整備工もやっていたんだよな?


・↑ああ。

http://i.imgur.com/TSFt9.jpg

http://i.imgur.com/hKW47mx.jpg





・プーチンは、
「船頭多くして船山に登る」ということを良く知っているんだよ。


・プーチンは、まるでボディーガードみたいだな。


・プーチン「シャツを着ていると、俺は幸せじゃない。」


・↑良いスーツを着ているけどね。


・考えてみると、これは不気味で面白い。
昔の彼はKGBの大佐だった。
プーチンが女王の暗殺計画を把握していたとしても驚かない。
それが今、10フィートもない距離にいる。


・これは地理的にも正しい。



・メルケルは女王を突き押としたいと思っている。
「第二次大戦のお返し!」





人付き合いが苦手なプーチン。


・「足が疲れた。太陽がまぶしすぎる。
みんなが英語で話している。しかもうるさい。
Zaldostanovは、ここに来ると言っていたのに、遅いじゃないか。
家でウクライナを征服する様子を見ていれば良かった。
オバマの奴、たった今、俺の頭が薄くなったとジョークを飛ばしたな。
頭が暑い。
ここにいる奴らは、ウォッカすら飲んでいない。

※ロシアのバイクサークル、Night Wolves(夜のオオカミたち)のリーダー。


http://goo.gl/UVsQ9E

follow us in feedly