arer
米オレゴン州ポートランド郊外の森の奥深くに突如現れる旅客機。退役したこのボーイング727型機は現在、「家」として第2の人生を送っている。
727型機の持ち主は、元電気技師のブルース・キャンベルさん(64)。1999年に、退役したジェット機をスクラップにされるところから救い出し、再利用する構想を思いついたという。
キャンベルさんは、コックピットやトイレ、LED照明や座席など機内に元々あった機能を改修して利用している。現在、1年の半分を同機で過ごし、残りの半分は日本に滞在。機内では布団で寝て、来客には靴を脱いでもらうという日本式の生活を送っている。
そして今、キャンベルさんは同じことを一から始める準備ができている。ボーイング747型機の購入を希望し、日本に移ることを検討しているという。
同じように航空機を自宅に改造している人は、テキサス州やコスタリカ、オランダなどにもいるという。「たいていの人はある程度、オタク心があると思う。大切なのは楽しむこと」だと、キャンベルさんは語った。(ロイター)

海外の反応をまとめました。





http://i.imgur.com/aExnR.jpg





Photo


Photo


Photo


Photo




・彼がリサイクルしていて嬉しいよ。
でもこれは独身男の悪夢だ。


・これはオリンピック航空のギリシャ機だね、


・良い動画だ。
内部が写されると思っていたから、ちょっとガッカリ。


・良いアイデアだね。
でも高いだろうな。
俺は貧乏だから、ハングライダーを試すよ。


・彼は日本の地価について、あまり知らないのではないだろうかと思ってしまった。


・↑人口の多い地域以外の土地は安いだろ。


・↑でもボーイング747型用の土地だぞ?


・↑もちろんだよ。
でも土地の価格よりも機体をあそこに持っていく方が費用が掛かると思う。
でも彼は輸送面の問題点について、考えがあるのだろう。


・彼には本当にインテリアコーディネーターが必要だと思う。


・↑彼には女性が必要だ。


・俺の記憶が確かなら、同じアイデアを持つ韓国人の男がいたと思う。
747型機を購入して、レストランにした。
彼は良いアイデアだと思っていたのだが・・・。






・64才?
オレゴン?
ボーイング727?
彼は誰だ?
DBクーパーか?

D.B.クーパー事件(ディービークーパーじけん)とは、アメリカ合衆国で発生した、身代金を要求したハイジャック事件である。単独犯による事件であり、パラシュート降下による逃亡という大胆さなどから、アメリカ国内においてもっとも有名な未解決事件の一つとされる。

犯人は、身代金を受け取った後、飛行中のボーイング727の後部にあるドアを開けさせ、現金200,000ドル(2012年現在の貨幣価値にして約1億円)を持ってパラシュートで脱出した。検挙されず、また犯人の身元も不明な未解決の事件である。後に身代金の一部がコロンビア川で発見され、実際には犯人は死亡したともいわれているが、死体は発見されていない。

「D.B.クーパー」はFBIの手配の際、手違いで広められた犯人の名前であるが、犯人による自称「ダン・クーパー」もまた偽名であることは確実である。(ウィキペディア)


・一方、ポートランドでは自宅に間違った色を塗装した場合に、法廷で脅迫してくる管理組合がいる。


・↑それがポートランドだけで起きると思っているのなら、君は十分に外出していない。


・この配置だと、飛行機は興味深いほど有機的に見えるな。


・羨ましい。
私も欲しい。


・空港に行けよ。
森林はないけれど、同じ物が見れるぞ。


・待てよ、ブルース・キャンベルって役者だろ?


・良いじゃないか。
それでいつ内装に取り掛かるんだ?





・白カビ臭い。


・でも、トイレはリフォームしたのかな?


・別に改装していないだろ。
単に飛行機の中に住んでいるだけだ。


・俺はクリエイティブな空間が好きだ。
でもこの場所は酷い。
64才なら、もっと良い場所に住んだ方が良い。


・驚くほど彼女がいそうな痕跡がない。


・これは私の夢。
飛行機の中に住みたい。
でも郊外じゃなくて、離島が良い。


http://goo.gl/uvg9tghttp://goo.gl/TrFLWChttp://goo.gl/DGeWpthttp://goo.gl/D8TYgIhttp://goo.gl/5S78b3http://goo.gl/HIjM7nhttp://goo.gl/wTyWvR

follow us in feedly