aaa

(CNN) 米南部フロリダ州ベロビーチでトラック底部の構造部品の隙間に入り込み、走行中も潜み続けていたとみられる子ネコが助け出される出来事がこのほどあった。

思わぬ「客」を見付けたのはエランド・フレーザーさん(50)。5月下旬、自宅外に止めたピックアップトラック周辺でネコの鳴き声を聞いたのがきっかけだった。ただ、どこにいるのかわからず、何の動物なのかもわからなかったという。

このためネコ用の餌の缶詰を開けて、タイヤ1個の下に置き、近くにカメラを据えて正体を見付ける仕掛けを施した。翌朝、餌はなくなっていたが、ビデオ画像には何も映っていなかったという。

気の迷いと思い、釣りに出掛けたが、運河に到着した時、再び鳴き声を聞き取った。そこで道具箱を取り出して金属用カッターでトラック底部の車体の一部を切断。中をのぞき込んでみると、フレーザーさんを見つめる子ネコがいた。

子ネコが潜む場所には届かないため途方に暮れ、結局、地元の動物保護団体などに助けを求めることを決めた。子ネコの安全を考え、低速で道路の起伏部 分を避けながら運転、同団体事務所に向かった。事務所に着いた際は、スタッフに「自宅から私の車にヒッチハイクした子ネコがいる。近づくことが出来ない」 と説明したという。

その後、スタッフ総がかりでトラックの下に潜り込むなど救出に当たった。

事務所によると、子ネコは推定で生後約8カ月。「ミーガン」との名前も付けた。同事務所は子ネコの救出劇をCNNの「iReport」にも寄せ、交流サイト「フェイスブック」上でも紹介していた。

海外の反応をまとめました。



フレーザー夫妻は犬1匹とネコ2匹を自宅で飼っており、大事に育てている。過去に迷った子ネコを複数助け、今回世話になった動物保護団体事務所へ持ち込んだこともあった。

助け出された子ネコはその後、10代の少女2人がいる家庭にもらわれていったという。

フェイスブックで救出劇を知り、フレーザーさんのトラック修理代への協力の申し出も複数あった。同事務所は修理代を募る特別基金も創設。余ったお金は、「ミーガン」と似たような苦境に陥っている動物を助けるフレーザーさん名の特別基金に回す計画だ。

フレーザー夫妻は共に疾患を抱え、フレーザーさんは目の病気である「加齢黄斑変性」を患っているという。妻のシンディさんは多くの支援が寄せらたことに感動していると感謝。トラックは2人が持っている唯一の車だが、金銭的な余裕がなく修理は思い付かなかったと述べた。

その上で、トラックの事を心配してもらうより、人々が他の動物を助けるため動物保護団体に献金して欲しいと願っている。(CNN)



・彼は子猫を救出するために、シートメタルカッターを使用した。
コストが掛かるので、彼は車を修理するつもりがなかったが、人々が彼に修理費の協力を申し出た。
子猫は里子に出された。
素晴らしい話だ。


・彼はなんて優しい心の持ち主なんだろうか。


・彼と彼の奥さんは素晴らしいよ。
寄せられた車の修理費のほとんどを動物シェルターに寄付すると話した。
なんて無欲なんだろうか?


・↑凄く洗練されているね。
どこかの自動車車体修理工場が店のおごりで直してくれると言ってくれるといいな。


・↑「トラックを動物シェルターに寄付します。


・彼は50歳なのか?!
黒人の肉体は、衰えないんだな。


・↑同じことを思ったよ。


・あの猫の顔が全てを物語っている。


・たぶん切断しなくても良かったのでは?


・何て男だ。
自分のトラックよりも猫を気にするなんて。
尊敬するよ。


・良い奴だな。


・子猫を探すために、俺に無作為に選んだ車を切断させてくれ。






・こんなにカッコいい男は今までいなかった。


・手で切断したのか?


・実は彼の車じゃなかったのでは?


・人類への信用が回復した。


・ラッキーな子猫だ。


・こういう話はもっと聞きたいね。


・↑ああ、発砲事件や政治の停滞、終わらない戦争の話よりもずっと良いね。


・俺はこの話を政治的な視点で見るための方法を探っている。





・こんなに情け深い旦那さんで、彼の奥さんは幸せだね。
彼らが長く幸せな人生を一緒に歩むと良いな。


・なんて良い話なんだ。
良い耳をしているんだろうな。


・俺の知っているピックアップトラック持っている連中で、こんなことをする奴はそう多くはない。
良い話だ。

http://goo.gl/8He04hhttp://goo.gl/H3nskGhttp://goo.gl/QXbpU9

follow us in feedly