strt
25日閉会した千葉市議会6月定例会で、市立小中学校と特別支援学校の全教室にエアコン設置を求める請願が不採択となり、委員会で「耐える精神を鍛えることも必要」との発言があったことから、ネット上などで波紋を呼んでいる。(読売新聞)
海外の反応をまとめました。



 熊谷俊人市長のツイッターに多くの反応が寄せられ、27日夕までに市や市議会には約40通のメールが届いた。多くは「なぜつけないのか」などの意見だが、「耐えることも必要」などの意見もあったという。

 請願は市民団体が共産党の議員を介して提出、「扇風機では限界を超えた暑さに太刀打ちできない。計画的な整備を求める」とした。

 12日に審議した教育未来委員会では、自民党の委員が「エアコ ンよりは老朽化やトイレ(洋式化)などに予算を回した方がいい。ある程度耐える精神みたいなものを鍛えることが必要。ただ、先生方には健康管理を十分に見 ていただきたい」などと述べた。同委員は元中学校の体育教諭で「自分も設置してほしいと感じていたが、限られた予算の中では優先事項があるという意図だっ た」と説明する。

 千葉市教委によると、保健室や図書室などには導入済みだが、全普通教室に設置すると約2800台、約76億円かかると試算する。

 他の首都圏の政令市では、横浜、川崎、さいたま市が全普通教室に設置済み、相模原市も来年度から順次設置する。横浜市は約200億円、さいたま市は約60億円かかった。

 過去の公共投資で多額の借金を抱える千葉市は財政の健全化を示す指標が政令市でワースト1。熊谷市長は「震災後、耐震補強工事を集中的に行い、今年度完了する。老朽化対策にもこれから100億円以上かかる。将来的には導入したいが、優先順位がある」と述べた。(読売新聞)



・「水なんて根性なしの為の物。」 by 日本。


・こういう類の決定は、たいていは自分の部屋にエアコンが付いている人によって下されるんだよな。
結局のところ、理由はどうあれ、金が問題なんだろう。


・1日中エアコンの効いた部屋にいるせいで、外の暑さに対応できずに熱射病になる連中もいる。
俺たちが軟弱になったらから、熱射病や日射病がブームになっているんだよ。


・↑皮肉のつもりか?
熱射病の日射病のメカニズムはそうじゃない。


・良いことだ。
俺たちは軟弱な奴を育てるのを止めないといけない。


・こんなのふざけた言い訳だ。
日射病や熱射病で人は死ぬ。


・日本の行政よりも企業を信用する。
この決定は恥ずかしい。


・涼しい方が脳が働く。
この愚か者たちは、国に害しか与えない。






・生徒たちは汗を垂らしてない時の方が成果を出せるけど、気にするな。
それよりも日射病で人々は死ぬ。
不屈の精神?ふざけるな、日本。


・記事「エアコンが生徒たちの忍耐力を弱める。
↑これは韓国の「扇風機による死への恐怖」と関連があることか?
韓国では、就寝中の扇風機による死亡事故が報じられることがある。一方で、それらの事故報道はデマであるとする見解が、韓国のニュースサイト中央日報(ヘラルドトリビューンと提携)に掲載されている(記事タイトル:Newspapers fan belief in urban myth)。記事の内容は、扇風機死亡事故は韓国固有の都市伝説であると断定するものである。韓国の医療関係者のコメントとして、扇風機死亡事故とされるものの主要な死因は心臓疾患アルコール依存であると書かれている。扇風機による体温の低下は死亡事故の要因の一部であっても主要因ではないとされる。(ウィキペディア)


・アメリカだったら、気温計が摂氏20度をちょっと超えた時に、エアコンの電源を入れることを拒否したら、怒号や不満が飛び交うだろうな。


・弱肉強食。


・日本に住んでいるが、湿度のせいで酷い暑さになる。
1つの部屋に他人とギュウギュウに押し込まれたら、どれくらい暑いのか推測できない。
俺が行くところのほとんどには、空調があるけどね。





・どうしてこれがニュースなのか理解出来ない。
イタリアの学校にも空調は無い。
暑さはしばしば問題になるけどね。
一方で、冬の寒さに不満を言う人たちのことも聞いたことがある。
それでも健康に害のあることの欠如を嘆き悲しむのを聞いたことがない。


・不屈の精神という言葉を使うことは、学校にエアコンを設置するよりも安上がりで済むからな。
良いファイナンシャルアドバイザーだ。


http://goo.gl/w0ZgeQ

follow us in feedly