aar

憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する人たちが、総理大臣官邸の前で緊急の抗議活動を行い、政府に対し、行使を容認する閣議決定を行わないよう訴えました。

30日午後6時半から総理大臣官邸前で行われた緊急の抗議活動には、主催者の発表で、1万人を超える人たちが集まりました。
参加した人たちは、憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に向けて政府・与党内の最終盤の調整が続くなか、「憲法を壊すな」「安倍総理大臣は国民の声を聞いて」などと訴えました。
抗議活動には、若者や学生たちでつくる複数のグループがツイッターなどを通じて同世代の人に参加を呼びかけたということで、若者の姿も多く見られました。
19歳の男子学生は「集団的自衛権の行使容認によって、海外で戦闘するような事態になりかねない。友人に自衛隊員がいるため、ひと事とは思えず、もっと関心が高まるよう声をあげたい」と話していました。
また、22歳の会社員の女性は「友人の中には、集団的自衛権についてよく分からないという人も多い。政治家の言葉だけに左右されないよう、まず事実を知って自分の意見を持って欲しい」と話していました。(NHK)

海外の反応をまとめました。






・日本国民は、核能力のある国との戦争は、世界規模の戦いであること知らないといけない。
国家は力を維持するために、自分たちと同盟国の利益を守らなければいけない。
戦略的な経済&軍事同盟は、侵略的な国に対する力強い対抗手段だ。


・単独で戦争に勝つことはほとんどない。
多くの戦争は、同盟の力で勝ってきたことを忘れてはいけない。


・アメリカは第二次大戦後に、日本に軍を持たないように言った。
冷戦が起きると、アメリカは日本に軍を持つように頼んだ。
自衛隊は日本を外国の攻撃から守るために形成された。
世界第2位と第3位の間に戦争が起きたら、どちらにとっても良い結果にならないことを知るべき。


・安倍の安全政策の変更は、古い軍国主義の復活の偽装にすぎない。


・日本が自由な世界を守る責任があることに、ようやく気付いた。


・軍産複合体に何兆ドルも無駄に金を使いたくないんだろ。


・日本の有権者には、発言権はないのか?


・良くやった、アメリカの同盟国。
中国を侵略して、次は中東に攻め込もう。


・もしかしたら、日本の有権者の半数は、中国と戦争一歩手前なことに気付いていないんじゃないか?
手遅れになる前に、彼らに中国の不法占有について教えてやった方が良いんじゃないか?






・アメリカはウクライナを守る約束をしていた。
オバマがウクライナをどれくらい助けたかみんな知っているだろ。


・↑はあ?
アメリカがウクライナに対して何の約束をした?
何の条約?
ウクライナってNATOの一員ですらないだろ?


・日本に強い軍隊が必要ないと言っている人たちは、1950年にチベットに対して同じことを言っていなかったか?


・第二次大戦で日本を止める為に、どれくらいのアメリカ人が死んだ?
彼らの選択ではなく、俺たちの選択であるべきだ。


・↑日本は主権国家だ。
これ以上言う必要があるか?


・今の日本は昔と違う。
日本は中国に脅され続けている。


・やめておけよ、日本。
地球上のすべての国で、自国民を悪人と闘わせるアメリカの外交政策を見てみろ。
民主主義を広めることは間違いなんだよ。





・中国が攻めてくる時の為に、日本は準備しておいた方が良い。


・安倍が日本人を崩壊へと導いている。


・日本に真の敵はいないだろ。
ゴツゴツした島を巡って、中国とロシアと論争しているだけ。


・つまり日本は民主主義じゃないんだな。


・もし戦争が嫌いなら、武装した方が良い。
そうすれば周辺国は、攻め込むこむ前に2度考えるから。

http://goo.gl/arWIcJ

follow us in feedly