aaa

(CNN) 第1次世界大戦の発端となった「サラエボ事件」の発生から100年を迎えたボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボに、事件を引き起こしたガブリロ・プリンツィプの等身大の銅像が建設された。

当時19歳だったプリンツィプは1914年6月28日、オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者だったフェルディナント大公夫妻を暗殺した。

27日に行われたプリンツィプの銅像の序幕式では、当局者から拍手が巻き起こり、プリンツィプのTシャツを着た見物人などが銅像を一目見ようと集まった。式典に出席したボスニアの俳優は、銅像の前で模造銃を高く掲げて見せた。

ボスニア・ヘルツェゴビナ国内には、プリンツィプをテロリストとみなす意見と、英雄とみなす意見が存在する。

この暗殺事件が引き金となって、オーストリア・ハンガリー帝国およびドイツと、対立していた英仏ロシアなどの連合の間で戦争が勃発し、数百万人が犠牲になった。

海外の反応をまとめました。



ss

サラエボ事件(サラエボじけん、サラエヴォ事件サライェヴォ事件)とは、1914年6月28日にオーストリア=ハンガリー帝国の皇帝・国王の継承者フランツ・フェルディナント夫妻が、サラエボ(当時オーストリア領、現ボスニア・ヘルツェゴビナ領)を視察中、ボスニア出身のボスニア系セルビア人の青年ガヴリロ・プリンツィプによって暗殺された事件。この事件がきっかけとなって、第一次世界大戦が開戦した。(ウィキペディア)


・ガヴリロがセルビア人の自由の為に立ち上がったのは理解できる。
でもあの数発の銃弾が何を引き起こしたのか知りながらも、彼の像を建てることは、きわめて粗野だと思う。


・上品なままでいてくれよ、サラエボ。


・2人を殺したことで、それが何百万人もの死と不幸をもたらした。
それを祝うなんて吐き気がするね。
あんなテロリストを称える政府の役人や同郷の人間の精神状態について、皆が疑問に思うべきだよ。


・この暗殺者を神格化する連中は誰であれ、邪悪だよ。
国籍に関わらずね。


・センスがないな。


・何よりもまず、女を殺す男は臆病者だ。


・この男の像を建てることは適切だ。
ただ鳥のフンは想像するなよ。
彼の遺産にふさわしいから。


・彼のせいで、中東は滅茶苦茶になった。


・多くの死に貢献した男を祝うのか?
それなら、どうしてヒトラーの像を建てないんだ?
この男は英雄でも何でもない。
世界を火の海にした。


・真面目な話、サラエボは他に何もやることが無いのか?






・プリンツィプはまず、夫人のお腹を撃って殺害した。
大した英雄だよ。


・サウジアラビアには、ビンラディンの像は無いのか?


・この一人の暗殺者のせいだけではなく、第一次大戦に繋がった理由がたくさんある。


・自分の体の中に半分流れているセルビアの血が拍手喝采したい思わせる。
でももう半分のレバノンの血がそれを抑え込む。


・殺人を犯した者を称えて、像を捧げるのか?
なんて愚かで原始的なんだ?


・哀れだと思う。
2人殺しておいて像を建ててもらえるなんて。





・なんという英雄だ。
彼の像をヨーロッパ・日本・アメリカ・北アフリカ等々を巡らせよう。
何百万もの遺族の家族が感謝するだろう。


・彼を英雄とみなすなら、サラエボに手本となる人物がいないんだろうな。


・ミロシェビッチもいつか像を建ててもらえると良いね。
彼は良い奴だった。

http://goo.gl/ibPOyUhttp://goo.gl/6Ax5a8http://goo.gl/vOhFAihttp://goo.gl/d74vDA

follow us in feedly