rerrr
米独立記念日恒例のホットドッグ早食い大会が4日、ニューヨークのコニーアイランドで開かれ、女性部門で米ラスベガスの須藤美貴さん(28)が規定の10分間で34個をたいらげ初優勝した。男性部門は61個を食べた米国のジョーイ・チェスナットさん(30)が8連覇した。

 須藤さんはニューヨーク生まれで、小さいころは東京に住んでいた。大会は屋根のない屋外ステージで開かれ、優勝を決めた後「とってもうれしいです。50本以上食べたかったが、雨が降っていたこともあって少なかった」と語った。

 須藤さんは最近、各地の早食い大会に参加し知名度を上げている。コニーアイランドの大会は炎天下の中、開かれる年が多いが、今年はハリケーンの接近で雨だった。かつて優勝を重ねた長野市出身の小林尊さん(36)は独自のイベントに参加し、大会には出ていない。(共同)

海外の反応をまとめました。






ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権(ネイサンズこくさいホットドッグはやぐいせんしゅけん)は、ニューヨーク・ブルックリンのコニーアイランドにあるネイサンズ(Nathan's Famous Hot Dogs)が主催するホットドッグの早食い大会。ホットドッグの早食い大会は他にも多数あるが、歴史の長さと知名度では他に並ぶもののない大会である。(ウィキペディア)


・彼女はアメリカのホットドッグの食習慣を理解していないんだろうな・・・。


・これぞ究極のアメリカンドリーム。


・あんなに多くのホットドッグを食べることは想像できない。
気持ち悪い。
今週はずっとトイレの中にいたい。


・あんなに食べたら、俺なら破裂する。


・疑問なのは、彼女はフットロングサイズのホットドッグに対応できるのか?ということだ。


・早食い/大食い大会が大嫌い。
あらゆる点で不快。


・文化の違いなのだろうか?
ホットドッグの早食い大会を祝日の一部にするのは、アメリカの伝統なのか?
アメリカの独立記念日に、ホットドッグを61本食べることを見せる必要があるのか?


・花火を打ち上げるより、ホットドッグを食べるほうが平和的。






・小林は出場してないのか?
彼とジョーイ・チェスナットは、本物のホットドッグの戦いを見せてくれた。
・(あくび)この大会は小林を出場禁止にしてから、退屈になった。
小林尊は 大会の主催者との独占的契約書にサインする事を拒否し、2010年以降の大会に出場していない。契約の内容は、ネイサンズ大会に出場とひきかえに、自由に 他の大会やイベント、テレビなどに出演できなくなるというものだった。 2010年の大会終了後、ステージに飛び乗り逮捕されたが、8月5日の裁判で容疑のすべてが取り消された。 2011年、マンハッタンの230 Fifth Rooftop Barの屋上で大会テレビ中継を競争相手に大会と同じホットドッグの早食いに挑戦。優勝者の10分間に62個完食を上回る69個を完食。 ネイサンズ大会主催者は、会場で出た記録でなければ同大会の記録には認定できないとし、大会の権威を守ろうとした。しかし、当日小林の挑戦の判定を行った NYの公式審判により正式な世界記録として認定されたほか、公式世界記録を認定するレコード・ホルダーズ・パブリックにも記録が認められた。また、メディ アも世界記録が大会以外の場所で誕生したことを報じた。 小林が出場しなくなったネイサンズ大会では、同大会を放送するESPNの視聴者数が年々減少しており、2011年の194万9千人から2013年には視聴 者数115万人へと、41%の減少が報告されている。 その後、ESPNではライブ中継の取りやめ、メインチャンネルのESPNからESPN2への放送切り替えが発表された。(ウィキペディア)

・一方、地球の反対側では、何百万もの人たちが飢え死にしている。


・優勝賞金を医療費の支払いに使えるな。


・ ジョーイは、須藤美貴と結婚するべきだった。
2人一緒なら、地元のWienerschnitzel(米のファーストフードチェーン)を一掃できたのに。





・ホットドッグを群集の前で食べるのか?
晒し者じゃないか。


・このニュースは、スポーツ面に分類されるべきでは?


・暴飲暴食が観衆を集めるスポーツになりうるのはアメリカだけ。


・238回目の誕生日おめでとう、アメリカ!
http://goo.gl/NbYCTUhttp://goo.gl/ahlI3Chttp://goo.gl/IuW8pu

follow us in feedly