ererer
オセアニア歴訪を開始した安倍晋三(Shinzo Abe)首相は7日、最初の訪問国ニュージーランドでジョン・キー(John Key)首相と会談した。キー首相によると会談では日本の捕鯨問題が議題の中心となり、互いの見解が異なることを確認したという。

 ニュージーランドは豪州と共に、日本が南極海(Southern Ocean)で行っている調査捕鯨は国際捕鯨取締条約違反だとして国際司法裁判所(International Court of Justice、ICJ)に提訴。ICJは3月、日本の調査捕鯨は商業捕鯨に相当するとみなして停止を命じた。しかし、安倍首相はその後、捕鯨再開への意欲を示している。

 キー首相は会談後、報道陣に対し、安倍首相が捕鯨再開を検討していると認めたことを明かすとともに、捕鯨禁止を求めるニュージーランドの立場を改めて強調した。(AFP)

海外の反応をまとめました。




キー首相によると「安倍首相は、日本が理論上どのような捕鯨の形であれば規則に則って実施できるのかを検討していることを明言した」という。

「安倍首相は非常にはっきりと、日本はICJの判決に従うと述べた。だが、そこには見解の相違があると言っていいだろう。ニュージーランドは、もちろん捕鯨が完全に停止されることを望んでいる」(キー首相)

 一方でキー首相は、この問題が日本とニュージーランドとの関係を損ねることはないとも指摘し、捕鯨再開を目指す日本の動向を注意深く見守っていくと語った。

 キー首相は会談に先立ってニュージーランドの民間ラジオ局に、日本が捕鯨を再開するならば「非常に失望する」と述べている。(AFP)


・何が問題なのか分からない。
クジラは我々に利益のために、肉・油・竜涎香などを提供してくれる動物の1つにすぎない。
龍涎香(りゅうぜんこう)あるいはアンバーグリス(英: Ambergris)は、マッコウクジラの腸内に発生する結石であり、香料の一種である。(ウィキペディア)

・日本人はどんなに間違っていても、認めない。
オーストラリアとニュージーランドが自分たちの立場を固守していて良かった。


・日本は同盟国だから、何をしてもOK。


・彼らはいまだにイルカ漁さえしているからな。
最悪なことに科学調査目的のふりをしている。


・↑ヨーロッパでも起きていることだよ。


・彼がメッセージを受けとったことを望む。
捕鯨は海では違法なんだよ。


・↑ヨーロッパの国々にもこれを適用してもらいたい。






・研究の為?
一体、日本は何年クジラを調査しているんだ?
死んだクジラから学べることなんてそんなにないんじゃないか?


・捕鯨なんて大した問題じゃない。
日本の政策の変更に比べるとね。
他国に武器を売ることができて、合法的に戦争を始められるようになった。


・もう21世紀だ。
クジラを殺し続ける妥当な理由などない。
伝統だからといって、続ける必要はない。


・↑石油のおかげで、もう絶滅の危機には瀕していない。
どうしてダメなの?


・↑馬鹿げているな。
ホホジロザメが如何に少ないか考えると、80万頭のミンククジラは多すぎだよ。
増えすぎると、魚・ペンギン・シロナガスクジラの数が減るかもしれない。


・↑日本には技術があるから、ロボットのクジラでも作れるだろ。


・↑いまだに持続できる捕鯨がどうしてダメなのかの説明がない。





・彼らはなんとかして、正当化する方法を探すだけ。
国際司法裁判所の決定を破り続けるのは間違いない。


・↑日本は法に従っている。
世界中で魚を食べる量が増えているから、海はクジラの頭数を支持することができない。
80万頭のミンククジラは、おそらくシロナガスクジラやペンギンに影響を与えている。


・↑どこでそんな間違った情報を仕入れたんだ?

http://goo.gl/TN3V1Yhttp://goo.gl/P8yv6X

follow us in feedly