rrrr

JR東日本はこのほど、2017年春に運行開始を予定する豪華寝台列車、クルーズトレインのデザインを発表した。高級車のデザイナーとして知られる奥山清行氏がプロデュースしている。

クルーズトレインはデラックススイート車1両、スイート車5両とダイニング車、ラウンジ車を含む10両編成で定員は34人。先頭車両に設けたガラス張りの展望エリアからは、前方に続く線路の眺めを楽しむことができる。展望エリアは最後尾にも設置される。

客室はすべてシャワー・トイレ付きのスイートルーム。メゾネットタイプのデラックススイートは1階部分が寝室、2階部分が和室となっている。

駆動方式には、電化区間と非電化区間の両方で走行可能な仕組みが採用された。(CNN)


海外の反応をまとめました。



展望エリア

140615jrcruse2.jpg

デラックススイートルーム(メゾネットタイプ)

140615jrcruse3.jpg

image:JR東日本、クルーズトレインのデザイン公表 - 運行開始は2017年春頃に変更

ダイニング

http://www.spoon-tamago.com/wp-content/uploads/2014/06/ken-okuyama-cruise-train-3.jpg

ラウンジ

http://i2.cdn.turner.com/cnn/dam/assets/140707121229-6-japan-luxury-train-horizontal-gallery.jpg
http://i2.cdn.turner.com/cnn/dam/assets/140707115906-5-japan-luxury-train-horizontal-gallery.jpg

奥山氏は米ゼネラルモーターズ、独ポルシェを経て、伊ピニンファリーナでフェラーリ・エンツォ、マセラティ・クアトロポルテなどのデザインを手掛けてきた。

同氏のデザイン事務所によれば、クルーズトレインは「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車」をテーマに、日本の風景や文化を堪能できるようデザインした。

JR東日本によると、内装にも日本の伝統文化を生かし、ラウンジには優美な曲線を取り入れて樹木をイメージした装飾をほどこす。

日本の豪華寝台列車としては、JR九州が昨年10月からクルーズトレイン「ななつ星」を運行している。ななつ星は7両編成で客室は14室、料金は1泊2日コースで1人あたり18万円から。オンラインで予約可能で、応募者が多い場合は抽選となる。(CNN)



・広々とした空間、豪華なデザイン、寝台列車。
まるで何かの夢みたいだね。
大陸横断の旅は、すごい経験になりそうだ。


・数マイル進んだ後に、死んだ虫で窓が覆われるまでは素晴らしいだろうな。


・100年以内にイギリスにやってくるかも。


・↑アメリカには絶対にやって来ない。


・実現してもらいたいね。


・↑既に動き出している。
2017年完成だ。


・誰かが飛び込んでくるかもしれないから、先頭車両は嫌だな。


・運転士は、どこに座るの?


・列車は、未来の移動手段。
街の中心部から街の中心部へ。
航空会社は心配した方が良いぞ。


・良いね。
もっとこういうのが見れたら素晴らしい。


・ダイナミックなデザインだな。
堂々とした壮大な旅になるに違いない。


・これに乗って、ロンドンに行くことを想像してみて。
俺たちの電車も、すぐにグレードアップしてもらいたいね。


・息を飲むね。
旅客船や旅客機は、メモを取っておけ。


・美しいね。
運賃はどれくらいなんだろう?






・ハンガーゲーム級だよ。
こんなのが存在するとは思わなかった。


・ハンガーゲームからそのまま出てきた。



・俺はこういう超大金持ちしか金を払えない物には、もうウンザリだ。
みんなが歓迎されて特別扱いされるような物をもとめている。


・フェラーリのデザイナーにしては、酷いデザインだな。


・すごく80年代っぽい。


・この列車は、映画スノーピアサーを思い起させる。


・次は何だ?
ロシアと中国のプライベート向けの鉄道車両か?


・この列車を自分の家にしたい!





・イノベーションの傑作。


・アメリカの鉄道システムは、恥ずかしいよな。


・↑鉄道システムって何?


・つまり車輪のついた別荘みたいなもんか。
我々はクルーズトレインの時代に突入したのか?
列車はただの移動手段だと思っていたから、興味深い。

http://goo.gl/HRCSCghttp://goo.gl/Js1xfthttp://goo.gl/e8KJWk

follow us in feedly