rerr
テレビ番組の街頭インタビューに登場した女性「秋本志保」さんがTwitterで話題だ。
彼女の名前がテレビに紹介されたのは2009年の酒井法子の裁判傍聴に並ぶ姿の一度だけで、その際に「元親衛隊の一般女性『秋本志保』」さんと報じられ、「彼女のそばにいたいので、裁判所の外にいます」と、インタビューを受ける映像が放送された。
その翌年には、秋本さんにとてもよく似た女性が、押尾学の裁判傍聴にも並んでいる姿をワイドショーにインタビューされ、「マナブの十年来のファンで」などと発言した。
2012年には木嶋佳苗死刑囚の裁判傍聴で、そして2014年の7月3日、ASKA被告の保釈が行われた直後の東京湾岸署前では、ASKA保釈を出待ちするファンとして秋本さんそっくりの女性がテレビ番組のインタビューを受けている。(ライブドアニュース)
海外の反応をまとめました。



ASKA被告保釈時には、テレビカメラに向かって「更生していい曲を届けてね」と発言している。
この秋本志保さんによく似た女性は、ドラマ「相棒」のファンイベントや、「踊るさんま御殿」の再現VTRにも出演している。
一連の流れからネットユーザーの間では、秋本さんはたまたま街頭インタビューを受けたのではなく、やらせ街頭インタビューへのサクラ出演を仕事にする業界関係者なのではという疑念が高まっているようだ。
また、2010年のW杯では中村俊輔選手の大ファンとして南アフリカに出没して取材を受ける「広島県から来た小比賀志帆さん 31歳」が、秋本さんにとてもよく似ていることが指摘されている。
「小比賀志帆」という名前の女性は、かつて、長野県の田中前知事を追っかけるガングロギャルとしてもメディアに登場したこともあるようだ。(ライブドアニュース)

This Japanese Television Conspiracy Has Familiar Faces


This Japanese Television Conspiracy Has Familiar Faces



・別に陰謀論でも何でもない。
いつも通りメディアが大衆を操っているだけだ。


・企業が新しい店をオープンしたり、新製品を発売する時に、店の前に人を並ばせるのと大きな違いある?


・毎日メディアが出現する場所を歩き回るのは、そんなに難しいことじゃない。
ロンドンで朝起きて、下流に向かって歩いたり、議会の外に立っていれば、毎日テレビに映ることができる。


・街頭インタビューされる人の中には、報道チームのクルーもいるのかな?


・それで、これとアメリカのメディアで起きていることに違いはあるのか?


・俺はイタリアに住んでいるが、私の国では、6大チャンネルのニュースは100%偽物で、これよりも酷いよ。


・インタビューされるの好きな人だっている。
グレッグ・パッカーみたいに。
※アメリカで今までに100回以上、新聞記事やテレビのニュースに登場した一般男性。






・俺は銀座の近くに住んでいて、週末は良く行くよ。
俺が毎回行くたびに、目抜き通りをインタビュー相手を探す複数のTV班を見かける。
俺でもたくさんインタビューされることは可能だと思う。


・↑渋谷も同じ感じだな。
俺がハチ公で誰かを待っているたびに、クルーが俺に近づいてきて、日本語が話せるかどうか尋ねてくる。


・ グレッグ・パッカーみたいな人たちはいるだろうな。
メディアが現れる場所を知っていて、インタビューされようとする人たちが。


・一方、アメリカではいまだにリアリティ番組がヤラセであることを知らない人たちがいる。
リアリティ番組(リアリティばんぐみ、Reality television)とは、素人出演者たちが直面する困難や体験を物語のように楽しめると謳ったテレビ番組のジャンル。視聴者が参加する双方向番組の一種で、1990年代末以降、世界各地のテレビを席巻する人気を博している。多くは「演技や台本ややらせのない出演者の行動をカメラが追う形式のテレビ番組」であるとしているが、一部には演技・台本・やらせのある「リアリティ風番組」であるケースも含まれる。(ウィキペディア)

・みんな、プロパガンダの放送網を見ているの?





・俺の友人は国営放送のレポーターをしている。
本当に街頭インタビューをする時もあれば、友人や受け答えを指示された人にインタビューする場合があるそうだ。


・今頃?
今頃になって気付いたの?


・↑ようやく証拠がそろったんだよ。

http://goo.gl/UyhJkGhttp://goo.gl/Rx4xj5

follow us in feedly