rt
三菱重工の小牧南工場で製造されていた先進技術実証機(ATD-X:Advanced Technological Demonstrator-X)が、2014年7月12日に放映されたTBS系「報道特集」でロールアウトの様子が紹介されました。ATD-Xは「心神」 としても知られた開発で、2014年中に初飛行を予定しているものです。
ATD-Xの開発ではステルス性能、ベクタード・スラストを使用した高機動性が重視されています。このうち、高機動性の実現を目指し、IHIが開発を手が けている実証エンジンXF5-1に設置された推力偏向パドルは「機密」の理由から実際の機体に装備された部分は、映像にぼかしが入りました。(Flyteam)
海外の反応をまとめました。





先進技術実証機 (Advanced Technological Demonstrator-X, ATD-X) は、日本の防衛省技術研究本部(技本)が三菱重工業を主契約企業として開発を行っている先進技術実証用の航空機。

通称「心神(しんしん)」と呼ばれることもあるが、心神と言う名称はプロジェクト初期の部内における名称であり、現在心神と言う名称は公式、非公式ともに使用されていない。(ウィキペディア)



・マクロス!


・明らかにスタースクリーム。


・模型だろ?
実際に機能する試作機じゃないだろ。


・技術デモだよ。
将来の実機の3分の1サイズだ。
色んな技術を試す為に設計された。
フルスケールでも実行できるか試すためにね。
もしテストが上手く行ったら、実機の開発は2018年に始まる。


・ひどい見た目だな。


・アメリカの第4,5世代のジェットをすべて組み合わせたかのようだ。


・↑F-18とF-22との間に子供が生まれたみたい。


・↑同じことを思った。


・F-5よりもF-18に近いな。


・よくやった!日本!






・F-18 + F-22 = ATD-X?


・F-18の改良型?


・三菱重工のどの施設で作られたか知っている人いる?


・すごく小さいな。


・これはデモだよ。
実際にはもっと大きくなる。


・あんまりステルスじゃない。
俺には見えるぞ。


・↑黒く塗らないとステルスにはならない。





・前に見たことがある。



・願わくば、最近の三菱が作る車のようになって欲しくない。
大金をかけたステルス機が失敗したら、とても退屈だ。


・↑幸いなことに、違う三菱だ。


・これを作った会社か?



・↑まあ、そうだな。
第二次大戦後に三菱は多くの企業に分散させられたが、航空機と船舶の製造ビジネスは、三菱重工業で再興した。
三菱自動車は、70年代に三菱重工業からスピンオフした。


・まずはこのテストをクリアしないといけない。



・騙されるなよ。
ただのコアファイターにすぎない。


http://goo.gl/HZPojxhttp://goo.gl/TmwrxUhttp://goo.gl/14MtyIhttp://goo.gl/kM3JjC

follow us in feedly