eerrr
米オクラホマ州で12日から13日にかけて7回の地震が相次いだ。地震の多発とシェールガス採掘との関連を指摘する見方もあり、今後さらに強い地震が発生する可能性もあると専門家は警告している。

米地質調査所によると、12日の地震は最も大きなものでオクラホマシティー北部のラングストン付近でマグニチュード(M)4.3の揺れが観測された。12日の時点で建物などの損壊や負傷者の情報は入っていない。

CNN系列局KOCOによると、13日に起きた3回の地震もラングストン付近に集中し、そのうち1回はM4.0の揺れを観測した。(CNN)

海外の反応をまとめました。



オクラホマ州では2009年ごろから地震が多発するようになった。同州で1978年から2008年の間に起きたM3.0以上の地震はわずか2回。ところが09年には20回、翌年は43回の地震に見舞われ、以後は2012年を除いて毎年増え続けている。

14年6月19日までの発生数は207回に達し、カリフォルニア州の140回を抜いた。

12日に発生した4回の地震は震源の深さが約8000メートル以内と比較的浅かった。一部で棚から物が落ちたり亀裂が入るなどしたが、建物が倒壊するなどの被害は出ていないという。

地震が多発するようになった原因は地質調査所などが調査中だが、シェールガスの採掘に伴い廃水や化学物質を高圧で流し込む水圧破砕法に起因する可能性も指摘されている。

地質調査所の専門家は、「過去半年の地震発生頻度をみると、さらに大きく破壊的な地震の発生を懸念する理由は十分にある」と警告した。(CNN)



・お前ら、今頃気付いたのか?


・ようやく水圧破砕法を止める時が来たのか?


・俺の街も地震に襲われた。
石油関連の奴らは関係ないと言っていた。
掘削を止めると、地震も起きなくなった。


・このスレには地質学者が必要。
ただの住人じゃなくてね。


・イエローストーンの近くで起きないことを望む。


・イエローストーンの近くでは水圧破砕法は行ってないよね?

水圧破砕法(すいあつはさいほう、英語: Hydraulic fracturing)は、地下の岩体に超高圧の水を注入して亀裂を生じさせる手法である。高温岩体地熱発電や、シェールガス・タイトオイル(シェールオイル)の採取に用いられている。

天然ガスや石油の掘削の際は、特殊な砂粒(プロパント proppant)や、酸・防腐剤・ゲル化剤・摩擦低減剤などの化学物質を添加した水が使われており、フラクチャリング流体(fracturing fluid)またはフラッキング水(fracking water)とよばれる。

化学物質による地下水の汚染、大量の水使用による地域の水不足の可能性、排水の地下圧入による地震発生の危険性といった問題点が指摘されている。(ウィキペディア)


・石油の掘削が地震を引き起こすことはない。
物理的に不可能。


・オイルメジャーは、ちょっとの地震なら許容範囲だと言っている。


・オクラホマでは何千年も地震が起き続けている。
これは事実。


・続ければ良いじゃないか。
どんどん地震が大きくなって頻発するだけだろ。


・M2.9?
俺のオナラの方が大きな地震を起こせるぞ。






・昨日、テレビのCMで水圧破砕法は安全だと言っていた。
何かほかの理由に違いない。


・みんな答えを知っている。
権力者たちが気にしないだけだ。


・アメリカ人がどんどん太っていくせいだと思う。


・石油やガス業界が儲かっていないのに、俺たちの安全を心配している場合じゃないだろ!


・過体重の奴らが歩き回っているせいだろ。


・オクラホマにはミアーズ断層が走っている。
地震はそのせいだ。


・天才じゃなくても水圧破砕法が原因だと分かるだろ。





・どうせ答えなどない。
地震がいつ起きるか選べるわけじゃない。


・オクラホマがテキサスをメキシコの方に押そうとしているんじゃないの?


・地球温暖化同様に科学者たちがデタラメを言っているだけ。


・水圧破砕法がいろんな場所を滅茶苦茶にするぞ。
http://goo.gl/7wBXiQhttp://goo.gl/C4Yowfhttp://goo.gl/BZi7A7http://goo.gl/X4XcuAhttp://goo.gl/ovIOkG

follow us in feedly