arer
東京都千代田区九段北の靖国神社で、盆行事にちなんだ夏祭り「靖国神社みたままつり」が行われる。開催日時は7月13日~16日、6時~22時まで。

3万個を超える提灯が夏の境内を照らす

同祭りは、日本古来の祖先祭祀である盆行事にちなんで1947年(昭和22)に始まったもの。大小3万個を超える提灯などが境内を彩り、毎年約30万人の参拝者でにぎわうという。

期間中は、江戸時代に浅草三社の境内で大道芸として踊られていた「江戸芸かっぽれ」を櫻川ぴん助社中が披露するほか、本殿で「みたままつり前夜 祭」、千代田区民踊連盟による「盆踊り」、東京ねぶた連合会による「青森ねぶた」、つのだ☆ひろさんによる「奉納特別野外コンサート」を開催。

また、北の御門連による「阿波踊り」や芝濱睦会による「神輿振り」も披露されるほか、こどもみこし・子ども山車の運行も実施。そのほか、200を超える露店も見ることができるとのこと。(マイナビニュース)

海外の反応をまとめました。



arrr


image:東京都・靖国神社で、幻想的な光に包まれ盆踊りを行う「みたままつり」開催


image:東京都・靖国神社で、幻想的な光に包まれ盆踊りを行う「みたままつり」開催


・良い写真だ。


・昨年、東京にいたときに、みたままつりに行った。
素晴らしかったよ。
すごく楽しめた。


・これは素晴らしいな!
この祭りについてたくさん聞いたことがある。


・日本のハロウィーン?


・日本人が先人たちのことを思い出すことは良いことだ。
すべてが現在に続く。良いことも悪いこともね。


・今週、日本人は祖先をもてなしている。


・お盆に祖先の魂が地上に戻ってきて、祖先を称えるんだ。


・7月4日にアーリントン国立墓地で退役軍人の日を祝うのと同じことだな。
戦争犯罪を犯した者たちが何人か埋葬されているけどな。


・メキシコの死者の日みたい。

死者の日(ししゃのひ、スペイン語: Dia de los Muertos、英語: Day of the Dead)はラテンアメリカ諸国における祝日の一つ。特にメキシコにおいて盛大な祝祭が行われる。アメリカやカナダ等に在住する同地域出身者の間でも同様の習慣が継続されている。

メキシコでは全土で行われ、特にパツクアロ湖に浮かぶハニッツィオ島とオアハカがよく知られる。(ウィキペディア)






・間違いなく、誰かが日本を叩くぞ!


・むしろ戦犯祭りだろ。


・人間の狂気のせいで亡くなった戦士たちの為に祈れる場所だ。
あそこに行くと、平和の心を得ることができる。
靖国は今や、平和の象徴だ。


・他のアジア諸国にとって、靖国は平和の象徴ではない。
南京大虐殺に繋がった日本の過去の軍国主義の象徴だ。
だから日本の首相があの神社を訪れるたびに、アジア諸国から抗議の嵐が起きるんだ。


・靖国神社は戦犯を崇拝するわけでも、彼らや第二次大戦の為だけに存在しているわけではない。
靖国神社の議論がいつ始まったかさえ知らないんだろうな。






http://goo.gl/NvynkJhttp://goo.gl/X5o4VQhttp://goo.gl/0fRsTihttp://goo.gl/3SCWyE

follow us in feedly