ewww

核のごみ 最終処分手探り 埋設耐久性 今夏初の検証 数万年先の安全 どう確保

 原発を使った後に出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を地下に埋める「地層処分」の研究が、日本原子力研究開発機構(原子力機構)の幌延(ほろのべ) 深地層研究センター(北海道幌延町)で進んでいる。今夏からは、放射性廃棄物をガラスで固めた「ガラス固化体」に見立てた模擬体を埋めて耐久性や環境への 影響を調べる国内初の試験が始まる。政府は「地層処分は科学的知見が蓄積され、実現可能性が示されている」としているが、数万年に及ぶ事業の安全性には不安の声も根強い。日本記者クラブの取材団に参加し、研究の現状と課題を追った。(西日本新聞) 
海外の反応をまとめました。



 黄色いバケツ型のエレベーターに乗り、地下350メートルまで一気に降りると、薄暗い半円形の通路が延びていた。幅4メートル、高さ3メートル。水平に 「8の字」型に掘られた坑道の総延長は約760メートル。一角には一時避難所のほか、試験用坑道(奥行き15メートル)が5カ所ある。
 新しい試験は、5カ所のうち東側の2カ所の坑道で実施する。このうち一つは直径2・4メートル、深さ4・2メートルの穴に、ガラス固化体を模して100 度まで発熱するヒーターを仕込んだ模擬体を埋める。模擬体は金属製の「オーバーパック」と呼ばれる容器に入り、その周りを地下水などから守る粘土の「緩衝 材」で包む。粘土は温度が100度を超えるとひびが入るなど劣化する恐れがあるため、温度計や水位計などを170カ所付けて、5年かけて変化を確かめる。
 もう一つには模擬体の8分の1の金属容器を緩衝材とともに埋め、腐食を調査。電位計を付けて1~2年の試験を繰り返す予定だ。
以下略
(西日本新聞)


・核廃棄物は、この星に死をもたらすだろう。
誰が何と言おうと、安全に永久に保管することなどできない。


・宇宙船に積んで、太陽に送り込めよ。


・月をゴミ捨て場に出来たらなぁ。


・原発業界の奴らは、問題は起きないと言うが、自分たちはその地域に住んでないだろ?
その廃棄場から一本通りを挟んだところに引っ越して、庭で何か栽培したいと思うか?


・日本だけでも1万7千トンも廃棄物があるのか?
世界が大量に原発を作り出す前に、廃棄物の問題を知らなかったわけではないだろう?
欲深い連中が、金儲けの為に地球を破壊している。


・津波が原発を襲って以来、福島からずっと海に垂れ流している汚染水の問題は?
まずはそれを止める為に、すべての資源を集中させろよ。


・すべての国が核の廃棄物に協力して取り組むことには、強く賛成する。






・太陽光発電があるじゃないか。
太陽光発電を止めているのは誰?
オイルメジャーだよ。


・核となると、日本はついてないよな。


・尊敬する科学者たちが何も問題無いと言ったとき、俺たちは心配し始めなければならない。


・↑科学者じゃない。
金儲けを企む連中と政治家たちだよ。


・トリウムに変えるべき。


・ちょっと遅すぎるのでは?
日本から広がる核廃棄物を描いた太平洋の地図を見てみろよ。


・日本は既に完璧な核廃棄物の処分場を見つけているだろう。
太平洋だ。


・世界中の欲深い政府が、核廃棄物の危険さを知っているのに、核エネルギーを使い始めている。






http://goo.gl/8qof2vhttp://goo.gl/ouMe93

follow us in feedly