WEEWEWEE
「ベンタブラック」で覆われたアルミホイル。表面には凹凸があるが見ても分からない。

(CNN) 英ロンドン郊外で開催中のファーンボロー国際航空ショーに出展され、話題を呼んでいる黒い物質。英企業が開発した「世界で最も黒い物質」はまるでブラックホールのように光を吸い込み、それで覆われた物体の形状を人間の目で見分けることはできない。

「ベンタブラック」と名付けられたこの物質は光の99.96%を吸収する。黒い塗料などの通常の黒色では吸収率が95~98%。開発元のサリー・ナノシステムズ社によれば、英国立物理学研究所や米国立標準技術研究所で試験されたなかで最も黒い物質だという。

ベンタブラックはカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)からできており、アルミホイル上で生成される。ホイルだけのときは目に付く表面のしわも、ベンタブラックに覆われるとまるで消えてしまったかのように識別できなくなる。

海外の反応をまとめました。



「穴のようだと言う人もいる。ホイル上のでこぼこを識別するのに必要なだけの光が出てこないから」と、同社のスティーブ・ノーザム氏は言う。

ではこれを使えば、究極の着やせするドレスが作れるのではないか――ノーザム氏の答えはノーだ。「2次元のボール紙の切り抜き」のように見えるだろうとノーザム氏は言う。

ベンタブラックは空撮カメラや望遠鏡、赤外線検知器など、不必要な光を抑制することで性能が向上する機器への利用が考えられている。また、兵器産業や宇宙産業からも熱い視線を集めている。

ベンタブラックの開発は英政府の技術戦略委員会の助成を受けて行われた。同社のベン・ジェンセン最高技術責任者は「ナノテクノロジーの光学機器への応用において英産業が成し遂げた大きな技術革新だ」と胸を張る。(CNN)




・これで作られたスーツが欲しい。


・宇宙学者が探している物を彼らは発見した。


・部屋に置いたら、光を全部吸収して、部屋は真っ暗になるわけ?


・何も見えないじゃないか。


・ニンジャのスーツが欲しい。


・それで実際に経験しようと買おうとなると、いくらくらいするわけ?


・これに覆われたバイクを見てみたい。


・記事「この写真はどれくらい黒いのかを伝えることは出来ない。
↑笑った。


・でも、一体何のために?


・ホームシアター板にいるプロジェクター好きの連中は喜ぶんじゃないか?


・真剣に触れてみたいという欲望に駆られている。


・おお!#000000。


・↑まるで#000000が明るい光のようだ。


・これを来たら、どれくらい私が細く見えるのかを考えている。






・家の窓にこれがほしい。


・↑すぐに寝室や勉強部屋に使えると思った。


・良いメタルのアルバムの名前だな。


・↑良いメタルのアルバムの表紙だと思う。


・道路をこれで舗装してもらいたい。


・軍事目的に使えそう。
夜間の完璧な迷彩になる。


・車をこれで塗装したい。


・これでTシャツを一つ作ってくれ。


・これと同じくらいピザを黒く焦がしたことがあるぞ。


・いいや、俺の妻の心ほどは黒くない。
保証しても良い。





・ステルス機の素材?


・誰かがこんなことを考えつくことが面白いと思った。


・カメラ業界はこの素材を気に入るんじゃないか?


・俺の靴下の方が黒いぞ。


・↑洗えよ。
http://goo.gl/uhPCSbhttp://goo.gl/HSHXz9http://goo.gl/ycFF7Vhttp://goo.gl/aAtN0Z

follow us in feedly