rerer
格安飛行機に乗るときに、いままでより足を伸ばせるようになりそうだ。ただしその分、お尻を乗せるスペースはかなり小さくなる。そんな特許をエアバスが申請した。

飛行機のエコノミークラスに乗るときに、いままでより足を伸ばせるようになりそうだ。ただしその分、お尻を乗せるスペースはかなり小さくなる。

フランスの航空機メーカー、エアバス(Airbus)は、米国に提出した特許申請書類の中で、キャビン内にきっちりと並んだ「自転車のサドル風」シートに、人々が軽く腰をもたれかけながら「立ち乗り」する未来図を描いている。(WIRED)

海外の反応をまとめました。





特許には、「航空機の積み荷を減らす座席装置」についての説明がある。回転して動かせる肘掛けと、「サドル」と小さな背もたれで、姿勢をまっすぐに 保つ仕組みだ。この姿勢は立っている姿に近くなるため、横方向はかなり窮屈な感じとはいえ、縦方向の足元にはスペースの余裕ができる。

特許申請書類は、「1時間から2~3時間程度」の短距離飛行の場合に乗客を「立ち乗り」させるという選択を航空会社がするであろう理由も説明している。

このアイデアは、例えばeasyJetやRyanairのような格安航空会社の目を引くに違いない。各社は、通常ならば人間を運ぶ旅客機と貨物機を区別する基本条件と見なされてきたものでさえ、取り除けるなら取り除きたいと考えている。

※エアバス機を所有する中国の春秋航空(Spring Airlines)は、2009年から立ち乗り便を検討してきた(日本語版記事)。もう少し快適そうな立ち乗り式座席も、イタリアのメーカーが2010年に発表している(日本語版記事)。(WIRED)



・近距離のフライトが安くなるなら歓迎する。


・あんな拷問器具の上で、どうやって眠れと言うの?


・腰椎障害と、それに続く訴訟が起きるのを待っているようなもんだ。


・うわ、酷そうな見た目だな。
体の大きさの問題じゃない。
もし安くなったら、近距離ならみんな我慢するかもしれないが。


・将来の軍事的利用の為だけに行っているのでは?


・記事が指摘しているように、安全上の理由で実現しないのでは?


・ジェットコースターの席みたい。


・バスの中のように、みんなが立ち上がって手すりに捕まれば、コストカットできるんじゃないかな。


・↑航空会社はもはや、乗客の快適さなんて気にしないからな。


・ペダルはどこ?


・本当かよ。
冗談かと思った。
本気で考えているんだな。






・乱気流に巻き込まれたら、みんな腰を痛める。


・次は無料のドリンクサービスをすべてカットして、トイレを1つだけにするだろう。


・多くの人々にとって、悪いアイデアだ。
腰痛持ちとか、肥満の人とか。


・奴らはファーストクラスのスペースをもっと広げたいんだろう。


・将来、車の旅が増えそうだな。


飛行機の電気の手助けをするペダルも付けろよ。


・まるで拷問器具。


・過体重の人たちは、既に普通の座席に参っている。
これは一体何の手助けになるの?





・安全上の理由で、連邦航空局は決して認めないだろうな。
連邦航空局は、アメリカの運輸省の下部機関で、航空輸送の安全維持を担当する部局。米国内での航空機の開発、製造、修理、運航の全ては、同局の承認無しには行えない。本部はワシントンD.C.に置く。(ウィキペディア)

・酷いアイデアだな。
高齢者、子供、腰痛持ちの人たちには使えない設計だよ。
1,2時間の近距離なら構わないかもしれないが、国際線や国を横断するフライトには絶対使えない。


・こんなのだったら、俺を屋根に張り付けてほしい。

http://goo.gl/wyFKSwhttp://goo.gl/llFIa9http://goo.gl/kLVbjAhttp://goo.gl/iIW4XWhttp://goo.gl/MIFLfC

follow us in feedly