wewee
サヨナラ』(Sayonara)は、1957年公開のアメリカ映画。

朝鮮戦争時の日本が舞台で、当時はタブー視されていた日本人女性と米国軍人の悲しい恋の物語。原作はジェームズ・ミッチェナーの小説。

この映画でレッド・バトンズがアカデミー助演男優賞を、ナンシー梅木がアカデミー助演女優賞を、そしてアカデミー美術賞、アカデミー音響賞を受賞した。

映画では、当時の神戸港や奈良あやめ池遊園地の空撮が用いられている。昭和30年代の伊丹エアベース(現・大阪国際空港)での戦闘機着陸シーンのロケ、松林歌劇団のモデルとなる大阪松竹歌劇団(OSK…現OSK日本歌劇団)の大阪劇場公演シーンのロケ、歌舞伎座(東京公演)、京都の街並みなども当時の風俗を知る上で非常に興味深い。(ウィキペディア)

海外の反応をまとめました。




・素晴らしい役者たち、素晴らしい映画。
ジェームズ・ガーナーが亡くなってしまって、本当に悲しいよ。
彼が生きているときは、俺を幸せにしてくれた。
マーロン・ブランドもね。


・長年、この映画に対する良い評判を聞いてきた。
先月、ようやくターナー・クラシック・ムービーズでこの映画を見ることが出来た。
ガッカリしなかった。
レッド・バトンズが素晴らしい演技を見せていた。
ターナー・クラシック・ムービーズ(Turner Classic Movies)は米タイム・ワーナー傘下のターナー・ブロードキャスティング・システムが運営する映画専門チャンネル(ウィキペディア)

・ ジェームズ・ガーナーはスゴイ。
いまだに俺は、「ロックフォードの事件メモ」を見る。
『ロックフォードの事件メモ』は、1974年から1980年まで6シーズンにわたり、アメリカNBCで放映された、ジェームズ・ガーナー演ず る私立探偵ロックフォードを主人公としたテレビドラマ。日本では、1975年から1980年にかけて、テレビ朝日系土曜23時枠の『セイコーホームシア ター"S"』で放映。(ウィキペディア)

・↑私がまだ少女だった頃、彼にべた惚れだった・・・40年前ね。
狂っているほどハンサムで、面白い人だった。
彼が「きみに読む物語」に出演した時は、ガッカリした。


マーロン・ブランドになら、悪戯されても構わない。
これは本当に素晴らしい映画だよ。


・どんな冗談を言っていたのか知りたいな。





・「それから彼に行ったんだよ、『サヨナラ』ってね!」


・悲しい映画だ。


・↑ジェームズ・ミッチェナーが書いたあの本は素晴らしかった。
ティーンエイジャーの時に本を読んだが、映画は見たことがない。
俺は宝塚で結婚したが、まだ宝塚の劇は見たことない。
美しい街だけどね。


・誰が映画セットの写真を撮るの?
スターウォーズのセットの写真は、とても興味深かった。
こういった現場にアクセスできる人って誰なんだろう?


・↑出演者、クルー、エキストラさえ、セットの写真はいつでも撮れる。
特に豪華なセットや衣装を着ているときにはね。
大きな約束事としては、映画の公開前や公開中にはそれを表に出さないことだね。
カメラが禁止されることはある。
特に信用できないエキストラの集団に対してはね。


マーロン・ブランドの目。
彼の目のないカリフォルニアは、カリフォルニアじゃない。



・彼らが世界を席巻していた時代だな。





http://goo.gl/2Yi7T9

(日本映画の巨匠)七人の侍を撮影する黒澤明とカメラクルーの写真(海外の反応)

髭の手入れをする日本の伝説、三船敏郎の写真を見た海外の反応

用心棒を撮影中の黒澤明と三船敏郎の写真を見た海外の反応

(カッコよすぎ) 1980年に撮られたハリソンフォードの写真(海外の反応)

follow us in feedly