ds

【7月23日 AFP】中国北西部甘粛(Gansu)省の玉門(Yumen)市で男性(38)が腺ペストで死亡したことがわかり、同市は先週から隔離・封鎖された状態にあるという。国営中国中央テレビ(China Central Television、CCTV)が22日、伝えた。

 CCTVは、同市の住民ら約3万人が市を離れることができずにいるとし、また市内へと続く道路にはバリケードが設けられ、運転手らに迂回するよう警察官が指示していると報じた。

 別の報道によると、死亡した男性は今月初め、ネズミに似た小型の動物、マーモットの死骸を見つけ、小さく切った肉を飼い犬に与えたという。この男性は、その日の内に高熱を出し、容体が悪化したことから病院に搬送されたが、16日に死亡した。

海外の反応をまとめました。




CCTVによると、同市には全住民1か月間分の食糧があるとされ、また隔離されている人を含む全住民に問題は見られないという。

 国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が伝えた先の報道によると、市内には「検疫施設が4か所」が設置されているという。しかしCCTVは、当局が誰にも市を離れる許可を与えないと伝えた。

 腺ペストは、14世紀の欧州で何千万人もが死亡した「黒死病」として知られる伝染性の細菌感染症だ。(c)AFP





・こうやって始まるわけか。


・彼らもドアに赤い十字架を描くかもしれないな。


・中国産の食べ物を買う前に、よく考えてみるんだ。


・じゃあ、イギリスにやって来るのは時間の問題だね。


・↑どっちが?
ペスト?それとも避難民?


・少なくとも彼らは対処の仕方を知っている。
イギリスだったら人権の問題から、隔離は実施されない。


・↑全く同意だ。
これは正しい対応だ。
誰も入れるな。誰も出すな。


・じゃあエボラが手に負えなくなった時、どうしてアフリカの国を隔離しなかったの?


・腺ペストは撲滅されていないことをみんな知らないわけ?
常識かと思っていたよ。


・彼の犬がどうなったのか知りたい。


・安らかに眠れ。






・グリーンランドに休暇に出かける時が来た。
冗談はさておき、少なくとも彼らは真剣に対応している。


・↑ああ、でもノミが寄生したネズミの移動は食い止めていないと思う。


・ちょうどワールドウォーZを読み終えたばかりだ。
ゾンビウイルスは、中国の街から発生していた。
怖い。


・ゾンビ発生の偽装工作だな。
マックス・ブルックスの警告通りだ。
※ワールドウォーZの著者



・世界に終末をもたらすパンデミックの始まりでないことを祈る。


・↑それはない。
ペストはもう世界の脅威ではない。


・なんてこと、バイオハザード。


・最初はエボラで、今度は腺ペストか。
次は黒死病かもな。


・↑腺ペストと黒死病は同じものだぞ。


・OK。
この記事から学んだこと:死んだネズミは食べるな。





最近は、腺ペストは抗生物質で治療可能だ。
数年前にペルーでも小規模な流行が発生した。
大事にはならなかったよ。


・アメリカでも毎年数十件くらいペストの事例は発生しているかもよ。
南西部では自然界にペスト菌が存在しているからね。
これは過剰反応だよ。


・↑最近、コロラドの男性が肺ペストで亡くなった。


・中国政府がメディアを所有していることを考慮すると、どれくらい酷いのか伝えていないと思う。


・こういったペストは、中国やインドでは急速に広がるかもしれない。
人口が多すぎるし、十分な医療品を提供できない。

http://goo.gl/DNRtyihttp://goo.gl/783P89http://goo.gl/b0RhrDhttp://goo.gl/wMQB9g

follow us in feedly