ereaaaa

(CNN) 東南アジアでは食用目的の犬の密輸が問題になっている。密輸される犬の姿を写真でみることは心理的負担が大きい。

タイに住んで8年になるという英国出身の写真家、ルーク・ダグルビーさん(36)はタイからラオスを経てベトナムに輸送される犬たちを取材した。処理工場では「私の目の前で犬たちが殴り殺された」と話す。

翻って米国では、犬などのペットのために費やされる額は今年だけで推定585億ドル(約5兆9000億円)に達する見通しだ。

ダグルビーさんの写真を見れば「あの愛すべき、知的な動物を食べるなんて、ベトナムの人たちはひどすぎる」としか考えられないかもしれない。

しかしそう思う人は、全体像が見えていない。

海外の反応をまとめました。




ベジタリアンでもない限り、米国の方が高いモラルを持っているとはいえない。米国人は馬鹿馬鹿しいほどにベーコンが大好きだ。だが豚も高い知能を持 つ動物であり、俳優のジョージ・クルーニーのようにペットとして飼う人もいる。合理的に考えれば、犬は食用として豚の代替になり得る。

動物愛護団体によれば、米国は年間120万匹の犬を安楽死させている。その肉を食べることに、それほどの違いはあるだろうか。

作家のジョナサン・サフラン・フェール氏は、動物食についての著書の中でこう指摘する。「毎年何百万ポンドもの肉が廃棄されている。安楽死させた犬 を単純に廃棄するのは環境的にも経済的にも大きな問題だ。野良犬や迷い犬、あまり可愛くなくて引き取り手がなかった犬や、しつけが悪くて飼えなくなった犬 を食べるのは、一石二鳥になる」

ちょっと待ってほしい、犬は友達だ。だが豚は(大抵の場合)友達ではない。

だがそれは米国の話だ。

ベトナムにはそれが当てはまらない地域もある。

インドに行けば牛は神聖な生き物だ。

そしてイスラム教徒とユダヤ教徒の多くは豚を食べない。


ウィリアム・セールタン氏は2002年のコラムでこう指摘した。「友達になった相手は友達で、食品として育てたものは食品だと考える相対主義は、完 全主義的ベジタリアンや、さらには肉食主義よりも危険だ。動物の知能が人間に近いと信じて肉を食べない。そうでないと信じれば肉を食べる。これらは固定し た基準によった行為だ。だが、もし人と共に暮らしてきた『コンパニオン・アニマル』だけ食べるのを拒み、例えば自分たちはベーコンをかじりながら韓国人に ダルメシアン犬をシチューにしてはいけないと言い放つとすれば、殺すことの倫理観が習慣や気まぐれ次第と言っているのと同じだ」

これは論理的にはつじつまが合う。それでも犬を食べるという考えはやはり受け入れがたい。

犬の違法取引の問題は明らかに解決しなければならない。だが、何をいつ、なぜ食べるかについての私たちの思考も解決が必要だ。もし米国人が東南アジ アの犬の取引に嫌悪感を感じるのなら、米国の農場で、例えば妊娠した豚をおりに閉じ込めて動けなくしているような現状に対し、同じような嫌悪感を持つ人も いるはずだ。

もし犬を食べてはいけないと思うなら、自分たちが食べる動物のことも考え、なぜその動物については同じ気持ちにならないのかを考えなければならない。

本記事はコラムニストのジョン・D・サッター氏によるものです。記事における意見や見解はすべてサッター氏個人のものです。(CNN)



・犬を食べようと思うなんて、胸が張り裂けそう。
恥ずかしくて、恐ろしい。


・だから私は肉を全く食べない。


・筆者の論点に納得するなら、次は何だ?人肉か?
肉は肉なんだろ?
吐き気のする世界だ。


・犬を食べるのは自分の友人を食べるのと同じこと。
動物を虐待する人間よりも、犬の命の方が重いと思う。


・我々は年間400万頭の犬・猫を安楽死させている。
なんという無駄なのだろうか?
全部食べてしまおう。


・ベトナムと中国では猿も食べる。


・蛇を食べよう。
家の周りには蛇がたくさんいる。
俺、もしかしたら蛇農場を開けるかも。


・動物の知性の問題ではなく、動物との関係が問題なんだよ。


・犬肉なら試してみても良いかな。


・この記事は面白いと思った。
我々は犬を食べることを想像しただけで震え上がるが、食べ物としては賢すぎる他の動物たちを残酷に扱うことを支持している。


・↑馬鹿なことを言うんじゃないよ。
誰も動物を残酷に扱うことを支持していない。


・↑スーパーで肉を買う人は誰でも、動物を残酷に扱うことを支持していることになる。






・西洋で犬と馬を食べないのは、何千年も前から特別な関係を持っているからだと議論したい。
意図的に他の食用の動物と分けてきた。
人肉を食べる風習を不賛成の立場で見ることと同じことだよ。
犬と馬を人間のように考えているんだ。


・↑ヨーロッパ人が食べない理由はそれだ。
でも人間は犬も馬もずっと食べてきた。


・↑分かっているよ。
世界の多くの地域で、犬や馬を食べることは許容されている。
何故受け入れない人がいるのか説明しただけだよ。


・↑馬に関しては、少なくともヨーロッパの数カ国で食べられている。


・↑フランスでは時々食べられるよ。
他には?あまり知らない。


・↑ベルギーでは馬肉を食べると聞いたことがある。
ドイツとイタリアでも食べられるのは、間違いない。


・犬、猫、馬、蛇、クモを食べることに何の問題もない。
彼らが生きている時に、虐待することが問題なんだ。


・鶏、ウサギ、豚をペットとして飼っているのに、ペットの目の前でそれらを食べる人たちだっている。
そっちの方がむしろゾッとするね。





・毎年、何百万頭も安楽死させられている。
飢えている人々はたくさんいる。
あまり議論の余地はないと思うが。


・西洋では、犬や馬は食用価値としてよりも利用価値があると考えられてきた。
その考えが今でも残っている。


・ああ、でも俺は牛よりも犬の方が好きなんだけど。
http://goo.gl/TwYR8shttp://goo.gl/MiJmKhhttp://goo.gl/n2eR8G

中国の犬肉祭りに対する海外の反応(海外の反応)

日本で馬肉料理を食べてきた(海外の反応)

中国に続いてイギリスの鶏肉加工会社の驚きの実態が暴露される(海外の反応)

日本国内でも流通!中国の鶏肉スキャンダル(海外の反応)

上海のマックなどに期限切れの肉が納入され,中国当局が食肉工場を閉鎖(海外の反応)


follow us in feedly