rrer
アズラー(英語: AZURER)は、クリエイティブ・ディレクターの境貴雄が手掛けている、小豆を顔に付けて髭に見立てたファッション及びファッションブランド。「AZURER」は境貴雄が権利を有する登録商標(第5644347号)である。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




小豆を顔に付けて髭に見立てたファッション及びファッションブランド「アズラー」が日本を中心に世界で流行しているという物語を視覚化させるために、ポートレートとテキストで構成されているモキュメンタリー。 2007年よりポートレートの撮影を開始し、現在までにモデルとして参加した人数は1800名を超えている。ポートレートのモデルは随時募集しており、境 貴雄が直接モデルの指定する場所まで会いに行って撮影をしている。被写体は老若男女問わず、会社員、主婦、学生など一般人の他に、多数の著名人も参加して いる。被写体とのコミュニケーションを重視し、撮影する場所やシチュエーションを被写体と一緒に考えていく過程はワークショップの要素も含んでいる。またファンの間では、アズラーになることを「アズる」「アズった」、アズラーになりたい気持ちを「アズりたい」「アズらせて」などと表現することが多い。

アズラーのポートレートは『portrait of AZURER(個人ポートレート)』と『street portraits of AZURER(ストリートスナップポートレート)』の2種類が撮影されている。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の翌日より被災地支援を目的としたアズラー募金を実施し、撮影されたポートレートのプリントをモデル自身に購入してもらい、売上げの全額を日本赤十字社へ義援金として募金している。

2012年にダンスパフォーマーハラサオリとの共作「AZUHALA (アズハラ)」の活動を開始。同年8月に開催されたハラサオリの舞台公演HALASAORI Dance Copmany vol.0の終了後、ステージ上にて公開制作を行い、アズラーになってダンスを披露するハラサオリの映像を境が撮影し、同年10月にウェブサイトで映像作品として2点が公開された。

(ウィキペディア)



スマホユーザー向け画像リンク


・ああ、日本。
いつまでも変わらないでおくれ。


・↑真面目な話、こういう物を見ると、日本に行きたくなる。


・説明してくれ、頼む。


・↑日本だ。


・自分がこれをググった男であることが嫌だ。
英語記事 Satirical azuki bean beards are the latest weird Japanese trend


・↑日本の「新しい流行」という物を見る時、「誰かが少数の日本人が奇妙なことをしている写真を数枚発見しただけだ」と推測した方が無難だよ。
でも彼らは日本人だ。日本人は奇妙。
これであってるよね?


・↑これは今、まさに流行していることだぜ?


・気に入った。
日本人は変だと思う西洋メディアのことを、奇妙なことをする日本人がからかっている。


・↑ワイルドスピードみたいじゃないか?
彼らがコピーして我々がコピーして彼らがコピーして我々がコピーする。


・↑でも論点は、彼らがアメリカ人をからかって、それを成功しているということじゃないか?
彼らは別に奇妙じゃない。
奇妙な振りをしているだけだ。


・風変わりなアジアの国の奇妙な新しい流行か?
5人が何か同時に行うと面白くなるのか?


・クランチチョコバーか何か美味しい物のヒゲなら良かったのに。


・↑もし自分が馬鹿みたいに見えなかったら、すぐにそれを身に着けるか、食べる。






・どうしてこうなっているかが、今一つ理解できない。


・最先端の流行気取り病が、西洋から海を越えてやってきて、突然変異したな!


・たぶん、これが彼らの最先端の流行気取り屋なんだろう。
我々にも馬鹿馬鹿しい流行を始める人たちがいるのと同じようにね。


・↑彼らはなんとかして、ハチで髭を作る人たちと融合するべき。


・認めざるをえない。
日本は戦後に資本主義に熱中してしまった。
これを売れる市場はあるか?よし、売れるぞ!
これを売れる市場はないのか?よし、売れるぞ!


・これは流行ではなく、アートプロジェクトだろ。


・ヒトデになっちゃったよ~。





・ああ、マウス・デコレーションのことかね。


http://goo.gl/JttD7g

follow us in feedly