erer
須藤元気率いる日本の人気ダンスパフォーマンスユニット、「WORLD ORDER」(ワールドオーダー)が出演するトヨタのキャンペーン動画が話題を呼んでいる。海外での「WORLD ORDER」の評価が高い一方で、メディアは賛否両論だ。(Newsphere)
海外の反応をまとめました。




【 “Jungle Wakudoki” キャンペーン】
 話題の動画は、「WORLD ORDER」とトヨタの「ミラーハリアー」のコラボイベントだ。「もっといいクルマ」づくりを目指すことをテーマにしている。

 スーツ姿のサラリーマン7人がジャングルで途中停車、ゴリラに遭遇する。威嚇するゴリラは、トヨタマンたちの音楽に乗せられて“ワクドキ”ダンスに参加する。やがてターザンのようなジャングルの住人たちも踊りに加わる、という内容だ。

 ワクワクとドキドキを組み合わせた造語は、幸せに胸が高鳴ることを意味する。新型ハリアーの宣伝という目的もさることながら、アジア8カ国の視聴 者が参加するダンスコンテストになっている。オリジナルのダンス動画を投稿し、優秀者8人には東京5日間旅行がプレゼントされる。(Newsphere)




・ちょっとキャッチーすぎるね。
ちょっとだけね。


・彼のベストな作品ではないな。
でも須藤元気のことを嫌いな人なんているか?


・↑俺は彼がCMの仕事をすることを妬んだりはしない。
脳震盪を起こすよりも、ずっと良いキャリアパスだ。


・とにかく、須藤元気とキャプテン・ロンがコラボしたら、素晴らしいことになるとだけ言いたい。


・俺が知っているのは、須藤元気は総合格闘技の試合で、極め技を決める前に、小さなジャイアントスイングをかましたということだけだ。


・↑あれは素晴らしかった。
須藤元気が今まで成し遂げてきたすべてのこと同様にね。


・俺もダンスビデオを作ろうかと思ったよ。
面白そうだ。
キャッチーな歌だね。


・↑すごくキャッチーだ。
それにビデオを作るのは面白そうだね。






・悲しいことに、歌にも踊りにも感銘を受けなかった。
それでも遠くに住む友人たちに、この動画を送りたいと思う。


・↑ああ、あいにく間違いなく普段の作品よりも企業の影響が出ている。


・こんなことを言うのは悲しい。
でもWORLD ORDERの一人のファンとして言わせてもらうと、過去の成功とは程遠いと思う。
企業がテーマのせいで、演技とインスピレーションがWORLD ORDERが普段持つバイラル効果(広告を人にも見せたくなること)に達していない。
彼らのファンの目には止まるだろうけど、個人的にはシェアするには不十分だね。
ダンスを含んでいても、これは江南スタイルではない。


・待て待て、彼らが運転しているのは何だ?
どうしてあの車は、ここで彼らが売っている車よりも良さげなんだ?


・↑これはトヨタ・ハイラックスだ。
カリブやアフリカ、東アジアのピックアップの標準モデルだよ。





・WORLD ORDERのベストな作品は、Machine Civilizationだよ!

http://goo.gl/qBkkAuhttp://goo.gl/PM1hsxhttp://goo.gl/i0TgjMhttp://goo.gl/lutvYI

follow us in feedly