a
西アフリカのリベリアで猛威を振るうエボラ出血熱に感染したスペイン人神父が7日、スペイン政府が用意した特別機で帰国した。
 ミゲル・パハレス神父(75)で、カトリック系慈善団体に所属。スペインはエボラ出血熱に対応するための医療機器を空軍機に積み込み現地に急派した。神父は既に首都マドリードの病院に移され、容体は安定しているという。
 世界保健機関(WHO)によれば、リベリアなどアフリカ西部で今年大流行しているエボラ出血熱で、これまでに932人が死亡した。(時事通信)
海外の反応をまとめました。






・つまり、自主的にウイルスを自分の国に入れるほど愚かなのは、アメリカだけではなかったということか。


・さよなら、スペイン。


・良いアイデアだ。
アフリカにこの病を封じ込める代わりに、世界中にばら撒こう。


・ヨーロッパのエリート連中は、わざとパンデミックを起こそうとしている。


・一体何を考えているんだ?
まるで意図的にウイルスを拡散しようとしているみたいだ。


・もしウイルスが血液と分泌液経由でしか感染しないのなら、どうして神父は感染したんだ?


・↑誰かが用を足した後に、手を洗わずに神父と握手したんじゃないか?


・エボラには治療薬が無いから、世界中に蔓延させよう。


・彼らが自分たちが何をしているのか理解していると望みたい。
それと適切な設備を持っていることを望むよ。
私には、回復するまでその場に留めた方が良いように思える。


・良いことだ。
適切な専門医療を受けられれば、彼が生き残るチャンスは高くなるだろう。
アフリカでエボラと闘っている医者たちは、もう既にたくさんの患者を抱えている。
自分たちの患者は、自分たちで面倒を見るのが筋だろう。


・まさにこうやって、他の国にウイルスが拡散していくんだよ。
病気になった人々を故郷に連れて帰って、人々に感染させる・・・。






・早く回復することを望む。


・どうして西洋は、アフリカに首を突っ込むのだろうか?


・人々は、自分には理解できないことを恐れる。


・まもなく、政府によって兵器化されるだろう。
もっと最悪なのは、ジハードを行う者たちが自分たちに感染させて、国境を通過してくる。


・エボラがワールドツアーへ。


・実写版バイオハザードが始まった。


・命をけなすわけじゃない。
でも治療法の見つかっていない恐ろしい病に感染した75才の男をヨーロッパに連れてくるのは狂っていると思う。


・彼らのことは本当に気の毒に思う。
でも制御不能になる前に、このウイルスを封じ込めるべきだと思う。





・これらの国からのフライトは許すべきじゃないと思う。


・↑誰も入国すべきじゃないし、誰も出国するべきじゃない。
以上。


・誰か、今すぐに国境を封鎖してくれ。


・エボラは既にナイジェリアに入った。
首都のラゴスの人口は2100万人だ。
一体どれくらいの数の人々が感染するか想像できるか?
しかも毎日、かなりの数のナイジェリア人たちがロンドンに飛行機でやって来る。
今すぐにナイジェリアからのフライトを禁止にするべきだ。
http://goo.gl/JyQ21Rhttp://goo.gl/XhEBcfhttp://goo.gl/YJJQCzhttp://goo.gl/XhEBcfhttp://goo.gl/2AufVohttp://goo.gl/IbuHLz

follow us in feedly