yyy
 中国によるレアアース(希土類)の輸出規制は不当として日本、米国、欧州連合(EU)が世界貿易機関(WTO)に共同提訴した通商紛争で、WTOは7 日、日米欧の主張を全面的に認める紛争処理上級委員会の報告書を公表した。1審にあたる紛争処理小委員会(パネル)の判断に続く日米欧の“勝訴”となり、 中国のWTO協定違反が確定したことになる。(MSN産経)
海外の反応をまとめました。




今後、中国は半年から1年以内に是正措置を講じる必要がある。履行が確認されなければ、日米欧は関税の引き上げなど対抗措置をとることができる仕組みだ。

  日米欧が共同提訴に踏み切ったのは2012年3月。中国は10年7月にレアアース輸出枠の大幅削減を発表し、同年9月の尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖での中 国漁船衝突事件後には、対日経済制裁とみられるレアアースの事実上の禁輸措置をとった。これにより、レアアースを輸入する日米欧の危機感が一気に高まった ことが提訴のきっかけだ。

日米欧は、中国がレアアースを対象に導入している輸出税や輸出数量制限がWTO協定などに違反すると主張。これに対し、中国は環境や資源保護が目的として、協定の例外規定の適用を訴えた。だが、今年3月にパネルの最終報告はこれを退けた。

 その後、中国は4月に最終審にあたる上級委に上訴したが、パネルの判定は覆らなかった。

 レアアースは産出地が偏在し、中国はピーク時に世界需要の97%を供給していた。だが、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件後に事実上の対日禁輸措置という外交カードとして利用したことで、対中依存度の高さを反省した日本企業は調達先の多様化など「脱中国」を加速している。

 茂木敏充経済産業相は同日、上級委の報告書に関し「レアアースなどの円滑な輸出入および需給の安定を確保する観点や、一部の資源国による保護主義的な動きが高まる中、世界の資源・エネルギー貿易の安定化の観点からも極めて意義が深い」との談話を発表した。(msn産経)




・未来においては、レアアースを所有する者が世界を支配する。


・今後10年に渡って、中国製品に50%の関税をかければ、見さかいのない中国の力の乱用が小休止するかもしれない。


・わかった。
輸出に割当量を決めるのは違法だから。
製造の割当量を決めよう。


・レアアースは、別に希少でない。
世界中に豊富にある。


・俺には同意できない。
自由貿易の環境では、モノやサービスを好きなように売ることが出来る。
市場に資源が溢れないようにするのは、供給側の選択だ。


・アメリカも過去に同じことをしたよ。
20~30年代に、他国にヘリウムを売らなかった。


・↑ドイツがツェッペリン(飛行船)に、ヘリウムを使えないようにするためだった。


・奴らの物だろ。
奴らに媚びを売るべきだ。
電子時代には必要な物だから。


・アメリカとカナダには、レアアースは豊富にある。
多くの企業が、権利を主張して探鉱作業の準備をした。
でもレアアースが採掘されることは無かった。
カナダ・EU・アメリカは、愚かにも政治や貿易問題の武器としては使わないという中国の約束を信用した。


・中国は世界に埋蔵されているレアアースの37%を所有しているにすぎない。
でも80年代から90年代にかけて、中国の素晴らしく安い労働力には適わないために、世界は鉱山を閉鎖してしまった。
でも今回の国際問題のお蔭で、世界が再び中国外に目を向けるようになった。






・アメリカとEUの制裁ゲームは、公平なビジネスに対する信用と自信を破壊してしまった。
WTOは、もう死んだ。
インドは、既にそれを示している。
中国も続くだろうな。


・中国内での生産を禁止すればいい。


・西洋が欲しいときは、売る量を制限するのは違法なんだ。
でもアフリカが、自分たちの産業を発展させたいときに必要としている希少物を横取りすることは、合法なんだね。


・中国のことは嫌い。
でも俺はWTOも嫌い。
フェアトレードも嫌い。


・中国製品には税金をたくさんかけないとな。





・レアアースというバンドのことを思い出したら、お前は年寄りだ。


・WTOは100%正しい。
中国には何も値しない。何もだ。


・別に強制力のある裁定ではないだろ。


・面白いな。
自由市場なのに、そんなに自由じゃないんだな。
http://goo.gl/KRGYvAhttp://goo.gl/ZDmYOA

follow us in feedly