g
平らな1枚の紙のように地面に横たわった状態から、まるで生きているかのように起き上がり、折り紙アートを思わせる動きで変形して、這うように歩き出す ──こんな新型ロボットを、米ハーバード大学(Harvard University)などの研究チームが7日、発表した。将来的に、宇宙探査や建物崩壊現場での捜索活動、組み立てラインの製造速度の高速かなどに貢献 することが期待されるという。(AFP=時事)
海外の反応をまとめました。



米科学誌サイエンス(Science)に掲載された報告によると、製品化にはまだ何年もかかる見通しだが、最新の技術進歩によって、個人向けにカスタマイズされたロボット分野の新境地が開けたという。
 ハーバード大のビース研究所(Wyss Institute for Biologically Inspired Engineering)と工学・応用科学科(School of Engineering and Applied Sciences、SEAS)に所属する研究者、サム・フェルトン(Sam Felton)氏によると、このロボットの材料費はわずか100ドル(約1万円)と安価な上に、ある作業から別の作業を実行するように簡単にプログラムを 変更することができる。
 ロボットは紙を含む複数の層が重なってできており、中間の銅でできた層はエッチング(薄膜の一部を除去する方法)で配線が作られている。また外側の層 は、温めると折り曲がる形状記憶ポリマーでできている。ひとりでに組み上がる家具や被災地用シェルターへの応用も考えられるという。
 ロボットは、今月10~13日に東京で開催される「第6回折り紙の科学・数学・教育国際会議(International Meeting of Origami Science, Mathematics and Education)」で披露される予定だ。(AFP)



・でも、あの歩き方・・・。


・不気味だ。


・再び俺は眠ることが出来るのだろうか?


・変形と同じくらい、華麗に歩けたらなぁ。


・「歩き」出した時に、我を失ってしまった。


・歩き出したというよりも、もがいていたように見える。


・ マイケル・ベイが今までに成し遂げたことよりもマシだ。


・↑マイケル・ベイの映画は、現実ではないことを知っているよな?


・始まったか。


・素晴らしい。
スカイネットが歩き方を学んだ。


・トランスフォーマー?それともレプリケーター?
レプリケーター(replicators)はアメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する架空の装置である。レプリケーターと呼ばれるこの装置は、分子を材料として、実物とほとんど変わりのないコピーを作り出すことができるものとされる。これらは転送装置の発展技術と目されており、所定の物品の正確な複製物を製作したり、それの縮尺を変更してミニチュア化ないしは拡大コピーしたり、指定された物品の複製に様々な条件付けを行う事で、全くオリジナルな物を製作する事もできる。(ウィキペディア)

・日本の物なのに、日本人を出し抜くことが出来て嬉しい。


・↑残念だが、日本人の方が上手くやる。






・もし救助が必要な時に、これが大きな音を立てて自分の方に向かって来たら、自決する。


・このロボットたちに繁殖能力が備わったら、ゲームオーバーだ。


・まるでクモみたいだった。


・もし自力で食器棚に変形するなら、一つ貰おうか。


・いつになったら、自動で組み立てられるイケアの家具を買えるの?


・素晴らしい!
テクノロジーは、進化し続けるな。


・こいつらは、ターミネーターを見たことが無いのか?





明確にするために記すと、スカイネットに自我が生まれるまで、あとどれくらいなんだ?


・どうしてエンジニアや技術畑の人々は、自分たちの先輩たちのように、新しい未来を発明することなく、マンガやくだらない映画を模倣することに執着するんだ?


・興奮した子犬が水たまりで遊ぶように去っていったな。


・ははは、あの歩き方は待った甲斐があったよ。

http://goo.gl/gUOm92http://goo.gl/2fMOslhttp://goo.gl/p5x104http://goo.gl/DbXYw6http://goo.gl/K6HcHlhttp://goo.gl/3tVJwahttp://goo.gl/3tVJwa

follow us in feedly