re
(CNN) 中国の上海に今年9月、特殊効果を使って「死」を体験できるというアトラクションが登場する。

入場者は死を免れるためのゲームに挑戦し、負ければベルトコンベアに乗せられて葬儀場を通り、葬儀を経て火葬場に送られる。火葬炉の中では熱気と照明を浴び、焼かれる体験が味わえるという。

火葬された後は、「再生」のシンボルとなる子宮形の円形カプセルに移される。

一方、ゲームに勝ったとしても「もちろん死ななければならない」と共同創設者のディン・ルイ氏は言う。「どんなことを乗り越えてきたとしても、誰もがいずれは死ぬ」。

ディン氏と共同創業者のホワン・ウェイピン氏はこのゲームのために、実際に火葬場を訪れて火の付いていない炉の中に入るなど、火葬の手順を徹底研究してきた。

新アトラクションの狙いは生と死について考えてもらうことにあるという。

海外の反応をまとめました。



2人はゲームを運営する一方、死期の迫った患者にホスピスケアを提供する団体も運営している。

ホワン氏は元トレーダー。金は儲けても心が満たされず、自分探しを続けるうちに、死に興味を持つようになった。「中国は自分を金持ちにしてくれたが、豊かな人生を送るにはどうすればいいかは教えてくれなかった」と話す。

心理学を学び、2008年に四川省を襲った地震の被災地でのボランティアを経て、ホスピスケアの団体を創設。この活動は「人を助けるためだったが、私自身も救われた」という。

一方のディン氏は宗教家などを招いたセミナーを通じて生きることの意味を追求しており、「金持ちになって成功するための教育と違って、生と死の教育に模範解答はない」「自分でそれを体験することの方が重要だ」と語っている。(CNN)



・俺は行かないと思う。


・騙されやすい人たちから金を取ろうとする哀れで狂った試みだよ。


・死んだふりをして遊ぶのか。
興味深いけど、辛い瞬間だろうな。


コール・オブ・デューティーは、まだ北京では知られていないんだね。
君たちが幸せになれるのなら、好きにしたら良いと思う。


・病的で狂っていると思う。


・まるで映画のバトルランナーみたいだな。
中国人って、すごく奇妙だ。


・意外な結末。
本当に殺されて、臓器を売られる。


・天国と地獄シミュレーターなんてどう?


・↑そんなのは道義上の神話に過ぎない。


・デスシミュレーターは、インディーズのゲームになるべき。






・中国は最悪だから、死ぬことしか楽しみがないのか。


・無教養な野蛮人の為の新しい観光スポットだね。


・自分が死んだというシナリオで唯一の問題は、自分の体が火葬されようが、犬に食べられようが、棺桶に入れられようが、もはや自分は気づかないことだな。


・↑あんたが死を経験したことがあるとは知らなかった。
もっと詳しく教えてくれよ。


・北朝鮮で一か月暮らした方が良い臨死体験が出来ると思う。


・すごく不快だ。


Goat Simulatorだけでは、みんな満足できなかったんだね?

Goat Simulatorとは、スウェーデンゲーム開発会社Coffee Stain Studiosが制作した次世代ヤギシミュレータである。

概要

Goat Simulatorの名前が示すとおり、もし中にやや不死身のヤギウシヤギ属)が現れたらどうなるかをシミュレートできるソフトである。
もちろん、バカゲーである。(ニコニコ大百科)





・不安になるような施設だけど、ちょっと試してみたい。


・アジアの好きなようなさせておけ。
あそこには奇妙な娯楽がある。
日本で大ヒットするに違いない。


・運営者が言うように、この奇妙な施設は中国では歓迎されない。
一般的に、多くの中国人にとって死を語ることはタブーとされている。
とても不吉なことだからね。


follow us in feedly