errr

アメリカ軍普天間基地の移設先とされる沖縄県名護市辺野古沿岸部で、14日から始まった工事の区域を示すブイの設置作業がほぼ終わり、沖縄防衛局は16日以降、海底の地質を確認するボーリング調査のための作業に入るとみられます。
現地では市民グループなどが抗議を強めていて、海上保安庁が強制的に移動させる場面も見られました。(NHK)

海外の反応をまとめました。



普天間基地の移設先とされる名護市辺野古沿岸部では、14日に続いて15日も、工事の区域を海上に示すブイやフロートの設置作業が行われました。
設置作業は15日までにほぼ終わり、沖縄防衛局は16日以降、埋め立て予定地の海底の地質を確認するボーリング調査のための作業に入るとみられます。
こうしたなか埋め立て予定地の周辺では、移設計画に反対する市民グループなどが抗議活動を強めています。
15日は、ブイの設置に当たる作業船に近づこうとした市民グループのボートに海上保安庁の職員が乗り込むなどして、強制的に港に移動させる場面も見られました。
また、埋め立て予定地に隣接するアメリカ軍キャンプシュワブのゲート前でも、およそ70人の住民などが抗議の集会を開きました。
ボーリング調査の開始を前に、現地では当面、緊迫した状態が続くものとみられます。(NHK)



・沖縄には140万人が住んでいるが、100人ほどしか抗議する人を見ることが出来ない。


・↑その通りだ。
彼らは我々が彼らを守るために沖縄にいることを知っているし、我々の同盟を称えている。


・これは別に新しい基地ではない。
古い基地を拡張して、海軍の大半を辺野古に送り込むためのものだ。
人口密集地から離れるし、訓練場所にも近い。
一旦移設すれば、古い基地のほとんどは沖縄に返される。


・第二次大戦後、アメリカが沖縄を所有している。
日本はアメリカの為に管理しているにすぎない。
沖縄人は、日本人ではないし、いつか独立するだろう。


・日本には、基地が沖縄にとどまるかどうか決める権利はない。
琉球の民に独立権を戻して、自分たちの運命を決めさせる時が来た。


・ケリーは中国に感謝するだろうな。
日本を怖がらせて、おかげで基地の移設に同意してくれたから。


・69年も経っているのに、アメリカ人が日本を占領しているのは、何が理由なんだ?


・↑日本政府は絶対に信頼が置けないからだよ。


・俺の父親は50年代に日本に駐留した。
私も80年代に日本に駐留した。
私の息子もいつか駐留することになるだろうし、その後の世代も続いていく。
何世代の米軍が日本に仕えないといけないんだ?
韓国に関しても同様のことが言える。


・我々は、沖縄を日本に返還するべきではなかった。
極東における我々の前哨地点になりえたのに。






・日本と韓国から米軍を引き上げる時が来た。


・たぶん、フィリピンは米軍がスーベックに戻って来たら、感謝するんじゃないか?


・沖縄は日本の防衛だけでなく、韓国と台湾の防衛のためでもある。
アジアの中間準備地域なんだよ。
中国が何かするというよりも、朝鮮で何かが起きそうな気がする。


・沖縄は中国のものだ。
中国に返す時だ。


・第二次大戦から70年も経っているのに、未だに我々は日本に占領軍を展開しているのか?
いい加減に故郷に連れもどせよ。


・日本人は良い人たちだし、我々は日本政府の望みを尊重するべきだ。
それと我々は、米軍基地を駐留させることに対して、日本が我々に多額の金を支払っていることを気付くべきだ。
それはそうと、抗議する者たちは、政府や日本国民の望みを反映しているわけではない。





・日本に対しては何もネガティブな感情は抱いていない。
彼らは我々の最も信頼できる同盟国の一つだ。
でもそろそろ日本から我々は去るべきだと思う。
ドイツに関しても同じことが言える。


・米軍はそれでも日本に必要だ。
外国が日本に攻めて来るのを守るためと、日本の軍国主義が蘇るのを防ぐためにね。


・日本人の言う事に耳を傾けろよ。
基地を閉鎖して、帰ってこい。


http://goo.gl/WrzsQphttp://goo.gl/U8fOys

follow us in feedly