rer
ベレンコ中尉亡命事件(ベレンコちゅういぼうめいじけん)は、冷戦時代の1976年9月6日、ソビエト連邦軍現役将校ヴィクトル・ベレンコが、MiG-25(ミグ25)迎撃戦闘機で日本の函館市に着陸し、亡命を求めた事件である。ミグ25事件とも呼ばれる。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



ミグ25の本土侵入

1976年9月6日、ソ連防空軍所属のMiG-25戦闘機数機が、ソ連極東沿海地方のウラジオストクから約300km北東にあるチュグエフカ基地から訓練目的で離陸。 そのうちのヴィクトル・ベレンコ防空軍中尉が操縦する1機が演習空域に向かう途中で突如コースを外れ急激に飛行高度を下げた。 これを日本のレーダーが午後1時10分頃に捉え、領空侵犯の恐れがあるとして急遽航空自衛隊千歳基地のマクドネル・ダグラスF-4EJがスクランブル発進した。

空自は、地上のレーダーと空中のF-4EJの双方で日本へ向かってくるMiG-25を捜索した。 しかし、地上のレーダーサイトのレーダーは航空機の超低空飛行には対応できず、また、F-4EJのレーダーは地表面におけるレーダー波の反射による擾乱に弱く、低空目標を探す能力(ルックダウン能力)が低かった。

F-4戦闘機に付与されたルックダウン能力は、実用に供された戦闘機においては史上初めての試みであり、当時の先進国で一般的に運用されていた戦闘機の技術的な限界であった。それを上回るルックダウン能力を備えるF-14/F-15は当時の最新鋭機であり、開発したアメリカでも実戦配備が開始された直後であったため、日本の空自における運用はまだ不可能な状態であった。


そのためMiG-25は、航空自衛隊から発見されないまま北海道の函館空港に接近、市街上空を3度旋回したあと午後1時50分頃に滑走路に強行着陸した。このとき着地点を誤って滑走路の中程寄りに接地したために、ドラッグ・シュートを使用したにもかかわらずオーバーランし、前輪をパンクさせて滑走路先の草地にあるILSローカライザーアンテナの手前で停止した。燃料の残りはほぼ限界に近いほどに減っていたという。

着陸時の一部始終は空港敷地内で工事をしていた現場監督が撮影していた。監督は撮影しながら機体に近づいたが、現れたパイロットが銃を取り出して空に向けて発砲したため危険を感じてフィルムを差し出した。のちにベレンコ中尉は、抵抗の意思がないことを示すためだったと証言している。また、当時学生だった航空機ファンの地元民が低空で飛ぶソ連機に気づき、授業を抜け出し滑走路のフェンスを潜り抜け近づいたのが最初の接触だとの証言もある(その際も空中への威嚇発砲を受けたとのこと)。

なお、MiG-25の着陸後に空港の航空管制官が自衛隊にミグの着陸を通報したものの警察に電話するように言われ、警察に電話したところ今度は自衛隊に連絡するように言われてしまう。これを受けて航空管制官がとにかく早く来るように警察に伝えたところ、ようやく午後2時10分頃に北海道警察が到着した。その後函館空港周辺は、北海道警察によって完全封鎖された。領空侵犯は防衛に関わる事項であるが、空港に着陸した場合は警察の管轄に移るという主張から警察によって封鎖された現場から、陸上自衛隊員は管轄権を盾に締め出された。

6日当日の北海道警察による任意取り調べに、べレンコ中尉はアメリカ合衆国への亡命を要望し、併せて「当初千歳空港を目指したが、千歳空港の周辺は曇っていたため断念し函館空港に着陸した」と供述した。ソ連側は当日中にベレンコとの面会と身柄・機体の早期引き渡しを要求したが、翌7日に身柄は東京に移送され、8日にはアメリカが亡命受け入れを通告。防衛庁の事情聴収を経て、9日にはソ連大使館員がベレンコに面会し、意志確認をするとともに翻意を促したが果たせず、9日中にベレンコは羽田空港からアメリカに出国する。10日には法務省から防衛庁に機体の管轄が移される。(ウィキペディア)




・車載カメラの記録映像はどこだ?


・ちくしょう、ウィキペディアで1時間も調べてしまった。
新しいことを学べたけど・・・。


・彼はMig Pilotという本を書いた。
ソ連軍とソ連の生活の酷い状況と彼の亡命について書かれている。



・↑書いたのはCIAだよ。
彼は存在しない。


・この話を気に入った。
多くのプレーヤーが一極に集中した、冒険・政治・文化的なステレオタイプが含まれている話だね。


・↑俺はこの自伝を高校生の時に、予備役将校訓練課程で読んだ。
良い読み物だったよ。


・理に適っているかな。
第二次大戦後、日本の軍はアメリカの軍のようなものだ。


・↑いいや、日本には自衛隊と呼ばれる独自の軍隊がある。


・ ジョージ・クルーニーとベン・アフレックが、この話を映画化するべき。


・これが起きた日に小さな白黒テレビで事件を見ていたのを思い出す時、年を取ったなって感じるよ。


・ちょっと話題からそれるが、別のミグで亡命したFrank Jareckiは、ペンシルバニア州のエリーで父と一緒に働いた。






・どうしてアメリカではなく、日本に亡命したんだ?


・↑日本の方が近いからだろ。


・↑燃料が足りなかったんだろ。


・↑ああ、確か着陸した時には5ガロン(約19リットル)くらいしか残っていなかったはずだ。


・どうして撃墜されることなく、日本にたどり着けたんだ?


・ソ連のパイロットであるベレンコの亡命は、米軍にとっては大成功だった。
ベレンコの乗った戦闘機は、最新でソ連が持つ開発最先端の航空テクノロジーを表していた。
米軍はミグ25を素早い戦闘機だと思っていたが、ミグ25の調査とベレンコの証言から、高速の要撃機であることが分かった。
ベレンコはさらに、低空で飛ぶアメリカの爆撃機を撃墜する能力のある次世代要撃機ミグ31の情報についても提供した。


・↑当時の米兵が、この最前線の要撃機のメンテナンスの酷さに驚いた話を思い出した。


・↑我々がソ連が無能だと知る前の話だからな。


・それでこの男はどうなったんだ?


・↑西側で静かに暮らしたと聞いた。
時々、チャック・イェーガーと釣りに出かけるらしい。
チャールズ・エルウッド・"チャック"・イェーガーCharles Elwood "Chuck" Yeager、1923年2月13日 - )は、アメリカ陸軍及びアメリカ空軍の軍人。退役時の階級は、空軍准将。公式記録において世界で初めて音速を超えた人物として知られる。(ウィキペディア)

・CIAは、ベレンコにアメリカについて学ばせるために、国中で様々な仕事に就かせた。
土地をたくさん持つ農場主の元で働かせたことがあった。
農場主は小型機と泥で出来た滑走路を持っていた。
ある日、農場主は自分が持つ広大な土地を点検するために、小型機に乗った。
ベレンコも一緒に乗せて、彼が楽しんでいる様子を見ると、彼に操縦を任せた。
ベレンコは、何もしないだろうと思ってね。
次の瞬間、ベレンコは複雑な航空スタントを見せた。
農場主は、ベレンコのアクセントと、見聞きしたことを考え合わせて推測して、大きな声で叫んだ。
「あんた!あのミグのパイロットだろ?!」ってね。


・↑OK。どうしてこれがまだ映画化されていないんだ?
農場主は、
ロバート・デュヴァルだな。





http://goo.gl/DBuiZG

follow us in feedly