errr
神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)のことである。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。神宮では、原則として20年ごとに、内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿、14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す。このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、装束・神宝、宇治橋なども造り替えられる。

記録によれば神宮式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行われた。その後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの、1993年(平成5年)の第61回式年遷宮まで、およそ1300年にわたって行われている。

2005年(平成17年)から第62回式年遷宮の各行事が進行し、2009年(平成21年)に主要な行事である内宮に係る「宇治渡始式」が、2013年(平成25年)には正遷宮(神体の渡御)が斎行された。

神宮司庁によると、8年前から始まる2013年(平成25年)の第62回式年遷宮全体の費用は、建築、衣服、宝物の製作を含め約550億円と公表。(ウィキペディア)



・日本にはこういう興味深い風習が溢れている。
6年前に佐渡島に行った時に、地元の人にずっと建設中の仏塔のことを聞いた。
考えとしては、仏塔は完成したら衰退し始める。
だからずっと完成させないで、作り続けるそうだ。


・↑ウィンチェスター・ミステリー・ハウスみたいなものか。
ウィンチェスター・ミステリー・ハウス(英: Winchester Mystery House)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼにある屋敷の名称。いわゆる幽霊屋敷とされる建物。

この屋敷はかつて38年もの間絶えず建設がつづけられており、呪われているという噂がある。屋敷はその昔、銃のビジネスで成功を収めた実業家ウィリアム・ワート・ウィンチェスターの未亡人、サラ・ウィンチェスターの個人的な住宅であったが、現在は観光地と化している。このサラ・ウィンチェスターの指示の下、38年後の1922年9月5日に彼女が死亡するまで、実に24時間365日、屋敷の建設工事が続けられた。こうした続けざまの建設工事費は、およそ550万ドルであったと見積もられている。

屋敷はその巨大さと設計の基本計画が無いことで有名である。一般に信じられている話によると、サラ・ウィンチェスターは屋敷がウィンチェスター銃によって殺された人々の霊によって呪われており、それらが邸宅内で及ぼすと予想した霊障からいつでも逃れる為の隠し部屋・秘密通路をひたすら増築し続け備えておく事しか方法がないと妄執していたとされている。屋敷はサンノゼの525 サウス・ウィンチェスター通りに位置している。(ウィキペディア)


・神社は木造だから、建て替えないといけないんだろ。


・じゃあ、神社は1歳なの?
それとも2000歳なの?
テセウスの船(テセウスのふね、英: Ship of Theseus)はパラドックスの1つであり、テセウスのパラドックスとも呼ばれる。ある物体(オブジェクト)の全ての構成要素(部品)が置き換えられたとき、基本的に同じであると言えるのか、という問題である。(ウィキペディア)

・素晴らしいよね。
遷宮の裏に隠された考えが好きだよ。


・遷宮の理由が気に入った。
私の記憶が確かなら、神社は天照大神とその再臨を意味している。
だから取り交わして、再建し続ければ、再臨が永遠に続くことになる。


・大工たちは嫌がるだろうな。


・どれくらい変化したんだろうか?
100年前と比べても、変わったに違いない。
人間は完璧じゃない。






・そうしないと、闇が解き放たれて世界を再び食い尽くすんだよ。


・↑そうかもしれないぞ。一体誰に分かる?
伊勢神宮には、三種の神器の一つがある。
天照大神のご神体とされる鏡がある。


・↑「ゼルダの伝説 時のオカリナ」みたいだな。


・日本はすべての建物を25年ごとに取り壊す。
彼らの風習だよ。
日本の家は、直接減価償却される。
25年経ったら、基本的に土地に対して税金を払うことになる。
それと地震に慣れているから、立て直すことはそんなに問題じゃない。
地震の被害を防ぐための新しい技術も追求され続けている。


・記事では、古い神社の建材をどうするのかについて言及していない。
是非、リサイクルしてほしいね。
もしリサイクルしなかったら、すごい無駄だよ。


・↑数カ月前に伊勢神宮に行った。
ガイドは、古い木材は国中の他の神社に分配されて、様々なことに使われると話していたよ。
建て直しに使われる木材は、近くの神聖な森でこのためだけに育てられた木を使うそうだ。
未来の世代が同じ儀式の為に木を使用できるように、一生世話をする人たちがいるそうだ。


・いつかは、彼らも女性たちが同意してくれるデザインに辿りつけると思う。




http://goo.gl/N19Dqo

follow us in feedly