trrtt
(スレ主)ブレードランナーで描かれた2019年のLAが、日本文化と日系企業に支配されていた理由は、80年代にアメリカの経済は日本経済に追い越されるという予想が信じられていた為だと今日学んだ。

海外の反応をまとめました。



ブレードランナー』(原題: Blade Runner )は、1982年公開のアメリカ映画。フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(原題: Do androids dream of electric sheep? )を原作としている。

SF映画の金字塔として評され、1993年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。全米週末興行収入成績初登場第2位(1982年6月25日-27日付)。

本作が提示した猥雑でアジア的な近未来世界のイメージは1980年代にSF界で台頭したサイバーパンクムーブメントと共鳴し、小説・映画は元よりアニメ・マンガ・ゲームなど後の様々なメディアのSF作品にも決定的な影響を与えることとなった。(ウィキペディア)



・ああ、当時は日本が世界を支配すると信じられていた。
彼らが製造するテレビとビデオデッキのせいでな。


・面白いよな。
70年代後半から80年代前半にかけて、日本に関して議論されていたことと同じことが、
今日の中国に関して議論されている。
10年経ったら、今度はフィリピンやベトナムだろう。
金は安い労働力に流れる。
安い労働力がそれほど安くなくなると、今度はもっと安い労働力の方に流れる。


・↑中国は世界で最も人口が多いから、より簡単にアメリカ経済を追い越して、世界一の経済大国になるのでは?


・↑ある程度、バランスの問題だと思う。
人口が理由で、中国経済がアメリカ経済を追い越すとは思えない。
人口が理由で、中国経済は日本よりも経済が安定するのに時間がかかると思う。


・日本は小さい国だけど、今でも世界で3位の経済大国だ。
安い労働力に関して語るのは結構だが、それ以上のことが何かある。


・↑小さい?
面積は小さいかもしれないが、それでも人口の多い国トップ10に入るだろう。


・もし中国の経済が、短期的に急降下すればブラジルのようになる。
次に台頭するのは、インドだ。


・日本の影響は、ダイ・ハードの中にも見られる。
ストーリーは、ナカトミプラザの中で展開し、社長は日本人だ。


・80年代と90年代前半に制作されたかなりの数のSF映画は、日本に支配された文化をフューチャー
しているよ。
ブレードランナーに限ったことじゃない。


・バック・トゥ・ザ・フューチャー2に出て来る、2015年のマクフライの上司は日本人。


・ マイケル・クライトンが1992年に書いたライジングサンもこの話題をカバーした良い小説だ。

ライジング・サン』(Rising Sun)は、マイケル・クライトン著の小説、及びそれを原作としたフィリップ・カウフマン監督による映画。

日本企業によるアメリカ企業の買収、市場への進出が問題視されていた1990年代前半のカリフォルニア州を舞台にした日米経済摩擦サスペンス。

L.A.のど真ん中に巨大なビルを建造した日本企業 "Nakamoto" の45階で映画スターや大物政治家を集め大々的に開かれた落成パーティ、しかし1階上フロアでパーティ参加者の白人女性の変死体が見つかる。一部始終を録画していた監視カメラの記録ディスクを巡り、しだいに明らかになる陰謀。そして、企業買収を巡り、交差する政治とカネ。

ゴルフ接待や系列、やくざ、など日本ビジネスの暗部に迫り、日本人とアメリカ人のモノの考え方の違いや文化の壁を描いた作品。カリフォルニアという土地で、我が物顔で闊歩する日本人ビジネスマンと、日本を理解しようとする刑事のやりとりが見物。(ウィキペディア)






・80年代に我々は日本経済に追い越されていたよ。
彼らは不動産を現金取引で、非常に高い値で購入していた。
90年代に日本市場が落ち込んだ時、彼らはわずかな額で資産を売るしかなかった。


・↑今は、中国人が不動産を購入している。


・80年代に私は株式の仲買人をしていた。
日経インデックスのパフォーマンスをとても気にしていた。
両国の貿易不均衡に関しては、もっと気にしていたよ。
毎月の貿易赤字の数字が、アメリカ市場を大きく動かしていた。
84年の日経平均株価は、1万円程度だったが、現在は1万5千円付近だ。
世界を支配することを示すような数字じゃない。


・LAがメキシコ文化によって支配されるとは誰も知らなかった。


・↑つまりエリジウムは正しかったのか。


・↑LAは前からずっとメキシコ文化に支配されているよ。








http://goo.gl/a5n7llhttp://goo.gl/3rkT7zhttp://goo.gl/t3QANz

follow us in feedly